永ちゃん

101回目の武道館へ行ってきた。残矢沢会としては七回目の記念の行事となり、大艦巨砲主義の漲るいつもの猛者が終結致しました。去年やっていたかどうかは忘れたが入場口でアルコール検査をやっていて皆係員に息を吹きかけていました。 

係のバイト?の方々は屈強な感じの人が多かったのですが、網にかかるというかベロンベロンの人も少なからず居て検挙されていたので、やはり永ちゃんのライブにはこのような対策が他のアーティストとよりは必要なのだろうか。

ライブはというと今年は久しぶりの良席で、昔のナンバーも多く、完全燃焼でありました。残冬諸氏も満足されておりました。それにしても武道館の季節が毎年早いように感じられてしまうのであります。

翌日は友人の引越しの残務処理を執り行いましたが、ライブの疲れもあるのか腰が調子悪く、TVを持った際に少し我腰損傷!!毎年寒くなるとボード及びスキーにて何度も打ちつけ、負傷している腰、肩、手首そして首が疼いて痛んでくるのですが、最近は度合いが増してきておりますなー。爺ちゃん婆ちゃんと大して変わらないのであります。。。

さておき六本木にて以前本ブログでも紹介した、一押しのスーパーボーカリスト/シンガーソングライターの秦基博のJ-WAVEの公開録音ライブに行ってきた。

この前行ったヒルズ展望台でのスペースにて5曲のみだったが、秦基博
やばい!!!


サビのハイトーンが伸びる伸びる♪♪♪♪♪
声が広がったままで果てしなく広がるこの声!!!脱帽でつ。
CD(録音)の音でも凄いんだが、生声はハンパではない!!! 現在の日本のPOPS男性ボーカルの中では待ちに待った待望のボーカリストであります。

JーWAVEで本日12/22 15時から昨日のライブの録音が聞けるとの事なので、興味のある方は聞くべし!!であります。


この勢いで本年残冬ライブイベントのラストは

聖地九段会館 鳥肌実中将であります。

 

[PR]

<< 鳥肌 , 六本木ヒルズに >>