●積年 敷金返還頂上戦 其の弐

※敷金とは
敷金とは、借主(入居者)の債務(家賃の支払い等)を担保するために、貸主(大家さんや管理会社)に渡すもので、賃貸契約終了時に借主が債務不履行(家賃の未払い等)がなければ概ね全額返金するもので、債務不履行があればその金額を払うという解釈の事です。


ざっと敷金の流れは前回述べてきた。

さて小生の4度目の退去時についてだが、当時流行っていたかどうかは別として、デザインマンションに唐突もなく魅力を感じてしまった。
前居も新築だったので、またしても新築物件として入居してしまった。
管理会社は●バブル♪~と以前ワンコのCMを流していた大手。

敷金は26万也(家賃13万×2ヶ月)
5年居住したが、実は欠陥デザイン物件であった為(住んでみないと建物の詳細は分からないのであります。)至る所にボロがあった。

大家が差押さえられたり、管理会社の対応も決して良くなく、担当も何人も変わるし、シンドラーだしって事で散々。
入居中にも部屋の補修で担当を呼んで奮戦し、無料補修をさせた事もあったり、家賃値下げさせたりと、先方も相当、小生には警戒をしていた。まあ駅近だから居たのだが・・・。

いよいよ退去が迫った時に、契約事項には一切記載はなかったが、管理会社の下請け業者が立ち会うとの書面が来た。
これは現在では大手側はこの戦法をとっているところが大半であると思う。
孫受けみたいな業者がまず退去立会いに来る。

実際の敷金交渉の現場はその一回きりであるからして、そこで勇戦したとしても「判断の為、●●管理会社様に一度確認し後日ご回答いたします」と来る。

どうせ今回もノラリクラリ作戦であろうと予測す。
部屋のフローリングはクッションフロアではなく板張りで、壁も含めもう至る所の損傷を付けていたので・・・。
交渉は難しいと予想したが、それでも5年分の汚さを、可能な限り掃除し綺麗にてやった。

当日やって来たのは、物腰の柔らかいまったくもっての温厚な方。
これには驚いた!!
高圧的管理会社マンであれば、こちらも高射砲でまずぶちのめしてやる所なのだが、とにかく紳士であった。
クレーム専門の方であるのはすぐに分かった。敵が特別に我に仕向けた感も否めない。

通常の立会いとしては異例の1時間強のチェック、話し合いをし結果、クリーニング代金は勝ち取る事が出来なかったのが課題として残ったが、その他の付帯設備面での故意の破損も含め、こちらの思惑が通ったので、納得して妥協した。

話し合いも無論レコーダーで録音したし、担当の対応も良かった。
結果後日、当日の見積もり通り20万を返還する事が出来た。
先方は小生から6万しか取れなったのと、部屋の欠陥を修復する代金も相当な額になる事は明白であったので、戦術的にも勝ちに値する。

だがしかし、戦略的にやはり敷金全額返還交渉締結は叶わなかった。
この案件での最終決着をその他に求める選択肢もあるが、費用対効果を鑑み妥結とした。
ハウスクリーニング代金を取り除く事が出来たなら、敷金は満額手元に帰還する事を願って次戦へと。

つづく

[PR]

●積年 敷金返還頂上戦 其の一

※敷金とは
敷金とは、借主(入居者)の債務(家賃の支払い等)を担保するために、貸主(大家さんや管理会社)に渡すもので、賃貸契約終了時に借主が債務不履行(家賃の未払い等)がなければ概ね全額返金するもので、債務不履行があればその金額を払うという解釈の事です。


学生や社会人の方は大抵は戸建に住む方は少数だと思われる。
実家と離れ、暮らす人にとっては、其の多くはマンションやアパート等をいわゆる賃貸し家賃を納めて生活するものであります。それを賃貸するにあたり、大家さんもしくは委託管理会社との契約が必要になる。

ご多分に漏れず、小生も首都圏に賃借居住し過去4度程、契約して更新して退去して来た訳でありますが、その度に敷金というグレーゾーン金利的、憲法9条伏魔殿が大きく立ちはだかってきました。

最初は礼金と同じものという浅はかな知識程度で約款、特約事項、原状回復義務というものに眼が行かず2ヶ月分の家賃を敷金として収め、出て行く時に(解約時)その補修代金が引かれ残額だけが帰ってくると不動産屋からも言われておりました。
場合によっては敷金で賄えず、修繕代金を更に払う場合も!!!とも言われたりと。
疑う事も無しに契約をしておった屈辱の時代がありました。

現在のようにネットで虚実を自ら索敵出来ない時代にありましたから、本や人聞きで、実は敷金は全額帰ってくるらしい?建設省(現国土交通省)が借主勝訴の判例に基づき、原状回復のガイドラインという条例がある?出来た?裁判しないと帰って来ない?等々。知識が少しづつ付きましたが、やはり業者も巧みであり、新築で入居した時は半分も返還出来ない惨敗をした事もありました。

時には穏健派の小生も激怒したり、ゴミ袋を部屋に全部置いて退去してきてやったりと、ただ虚しい武力行使となった時代もありました。そうでつ。いつも自分の壁となったのは入居時の特約事項なのです。

業者はあらゆる入居者の欠点を探しだす。

新築だと相当、形勢不利な事も経験上分かります。

どんなに綺麗に使っても、手垢一つ付けず生活しても、敷金の取立てを撃破する事は難しいのです。

これほどに日常生活の中での汚損の負担区分と入居者の不注意や過失による汚損等の区分の定義は曖昧で複雑なのであります。

まず誰もが予想して思うであろう、入居者の修繕負担の義務が無いとされる通常損耗の例として大まかに見ると部屋タイプにもよるが
・煙草のヤニや焦げ
・畳の変色
・フローリングの色落ち
・建物構造欠陥による雨漏り等

は賃貸人(大家)側での修繕義務として当然な範囲です。
次に入居者の原状回復義務となりますが、これは判例とガイドライン条例の定義としては以下です。

・原状の状態即ち、元の状態に戻して明け渡せば入居人の修繕義務無し。

たったこれだけなんす。要は綺麗に掃除して明け渡してねって事であります。

例として、家具設置による床、カーペットの凹み、設置跡やクロスの汚れがついたとしてもこれは通常生活で起こる事なので、負担する義務なんて無いのものなんですよって言ってくれている。

これは心強いと一瞬思いますが、実は国土交通省もお役所ですので、何も強制力は無い。。。。
一方、契約書が有効なものとなりますので、よく業者の説明を受け、双方納得した上で契約することです。と述べるに留まる役所。

は?これはただの理想というか管理会社(大家)への要求なだけなのである。

結局は特約の有効力は強力であります。自分には専守防衛しかないのか・・・。

管理会社側が特約をかざして、原状回復義務を負わせ、敷金から精算とする。
これが慣例化された常識としてまかり通っているのであります。

稀に凹みの場合の切り分けで傷跡(家具の足跡)にならないよう、クッションや板等を置くように特約に記載があって、それを遵守した場合はこの限りでないみたいな良識な特約もある事もあるが、少なくとも大手と言われるような会社及び個人大家においても、まあこのような温情な約款特約はまず存在しないと見ていいだろ。

そしてトドメの一撃として特約には恐るべしハウスクリーニング代金請求というものが必須で組み込まれている。

これはどんなに綺麗に使おうが、損耗がどうだろうが関係無く、退去した後に癒着掃除業者が掃除に入り、その代金を前入居者に対して請求するという事。

と言う事は家賃が10万円の部屋に住んでいて敷金を20万円(2ヶ月)預けていたとしてたら、ハウスクリーニング代で相手が定めた5万円という設定にて、たとえ15万が帰ってきたとしても5万の請求は不可能であるという事になる。
即ち全額を返還させる事は非常に至難の業となるのだ。

最近になって(平成16年)東京都内での事だが、敷金トラブルの後が絶えない事を鑑み、賃貸住宅紛争防止条例なるガイドラインが都より指導され、退去時の通常損耗等の区分(貸主負担が基本であると都は言ってるが・・・ )と復旧修繕及び維持管理などの内容を管理会社の宅建主任者が責任をもって、入居希望者に説明し、双方の合意を持って契約をするとなったから、渋々説明をしないとならなくなったのだが、管理会社と大家全部がそれに従属している訳でないので、知らぬ大家も多々いるだろう。

そもそも契約書は貸主と借主の双方の合意で作成されるべき性質のものであるのだが、実際は管理会社が契約書を作成し、借主は契約時にそれにサインと判子を押す。
契約書の裏にはびっしりと小文字で書かれた約款に何となく眼を通し?受諾する。
鍵を渡される。
管理会社はサラリとした曖昧な説明しかしない。
これが大きな落とし穴なのである。

例え注意深く全てに眼を通し、「クリーニング代金が明記されていないが?」と問いても、「大体●万位でしょうか。。。詳細は退去のお立会いにて当社の係員が損耗を確認し算出します」と
処理されてしまう。

疑問を感じつつも、契約不履行にする訳も行かないし、内見でいい部屋だったし、今決めないと誰かに、この部屋取られるし、新築だし、デザインいいし。
そもそも大家の審査もあるし、心情悪く思われたら折角の部屋も契約できないし、保証人も必要だし。と皆こんな感じだろう。

結果的泣き寝入りなのである。

敷金問題は非常に難しい問題としていつの間にか、解釈が在らぬ方向にてすり返られてしまう
まるで憲法9条のようなものなのである。

まさに限りなく黒い既成事実的グレーゾーンであります。

つづく

[PR]

予防接種

b0007619_2220236.jpg
中々旅備が進まない昨今でありますが、予防接種はやっております。
といってもインフルエンザウィルスの予防接種ではなく、海外渡航者向けの予防接種です。

まあアジアくれーなら受ける必要も無いような気もするんだが、それこそ
気持ちの問題であります為とイエローカードの要求国の内情側面が有り、ショウガナイのであります。

それでこの渡航先での感染症予防のワクチン接種ですが、全て保険外の為、料金が高い!!

そこらの病院では打てないので、検疫所かトラベルクリニックにて接種可能なんだが、東京検疫所は江東区青海まで行かないとならない。
A型やら破傷風やらかんやらと数ヶ月にかけ何度か接種要だし、黄熱病は検疫所と別一箇所でしか受けれない。通うの面倒くさいので、黄熱以外は現駐屯地近くを索敵。

探した結果、現駐屯地の最寄立川にナビタスクリニックという民間があったので、そこでスケジュール組をしてもらって即日打ち決起。

現在までにワクチン改型ヒロポン5号注射8本打ったが、筋肉ではなく皮下注射だが案外痛いっす。これは人によって差異はあるだろうが、左右2本計4本のヒロポンを打った時は、相当激しい痛さでありました。
勲章を要求と迫ったが、最高6本を打った猛者もいるとの看護師が言っていたので、敵?もあっぱれと思ってしまいました。

現在までにA型、B型、破傷風、狂犬病とやっつけましたが、後は黄熱病とポリオであります。
ポリオはS51年生まれ等はワクチン免疫が弱小であるので、どんぴしゃである小生は接種要とした。

狂犬病は過去アジアで野良犬相手に激戦を繰り広げてきたので正直要らないような気もするが、日本でここ数年、現地感染で2名の死者が出てるし何でも日本製ワクチン無いし、あっても6ヶ月に一回とか面倒だから間隔の短い外国製ワクチンを打ってもらった。

そんなんでこれは普通の接種数でしょうが、料金合計は一人頭9万円強です!!
高い・・・。うぐっ。

残冬防衛予算も日本国国家予算並の崖っぷちでありますので、大きな損失であります。
まあこれで全てが防げる訳ではまたーくありませんし、マラリアも鳥ウィルスも特効薬は無い訳なので、気休め感だけですが、やはり高い。

それより東京検疫所の予約受付体制は何とかしれやと言いたい。
黄熱病は渡航一ヶ月前からしか予約を受付ないの一点張りだ。
スケジュールが立てづらい。。。

うーんそして残るは歯医者だ。
銀歯の入替えで行きまひたところ、先生が元口腔外科の自称エキスパートとの事。

曰く「このままの放置では、南方で戦えませんね。生きて虜囚の辱めを受けず抜くべし」との事。

次回は親不知の小規模戦闘を行いますと言いわたされてしまた。
恐怖であります。

バンザイ
[PR]

北方領土問題

北方領土の日の2月7日は信濃に居たが、ちらっと見た朝日新聞の一面のちっさい部分に
今日は「北方領土の日です」と政府広報が掲載されていた。
あんまりにも小さくて、普通気づかないわあれは!

最近袋叩きの急降下の麻生さんも北方領土返還要求全国大会に参加して挨拶されておりますが来る2月18日に樺太(サハリン)で露スケ大統領との会談との事だから、全四島返還と南樺太再割譲で合意してきてけれ。んで賠償金もワラ。
まあ1000万馬券以上の確率で有り得ないだろうが。。。少し期待してみませう。

それにしてもこの北方領土ですが、1956年日ソ共同宣言の際、二島返還で妥協解決に至りそうになるが、様々な外圧や思惑にて頓挫している事実がある。

その後は鈴木宗男議員の二島先行返還作戦も氏の失脚の影響からかこれまた頓挫してしまい勢いとしては崖っぷちであります。
日本政府としては強気な四島全島返還を要求してはいるものの、このままでは解決には程遠いであろう。
拿捕やら蟹の密輸問題、そして何よりも島を追われた旧島民とその子孫の事を考えると早く返還して欲しいと思うのだが、相手が不法占拠輩国家なだけに手強い。
既に実効支配が成されて半世紀以上が経ち、国から援助金もらって遥々来た人とか、住まわされた人も住民として親子2代とか3代になるし、それこそ故郷だ。

ちょっと昔は、度重なった数度の大地震とソ連崩壊以降の低迷で、日本からの援助があった事から住民は2島は返してもみたいな雰囲気に傾いていたが、その後のロシアのオイル景気で一気に形勢逆、プーチンさんが北方領土(ロシア名:クリル諸島)の開発とか言い出して数百億規模の投資を始めたからますます混迷しております。
※この辺りは西牟田靖さんの著書「誰も国境を知らない」に詳しく書いてありますので、興味がある人は是非読むべし!西牟田さんの本は、現地滞在旅行記だから偏りがないから良いっす。

とは言ってもまたまたロシアはリーマンでヤラレテますので果たして、どれだけ開発されるか
は不透明な感は再びってところだろうか。

麻生さんは三島返還希望者なのか?良く分からないが、たられば言ってもしょうがないんだが50年前に妥協して2島だけ返還させてたら、今4島共に日本に帰属してたなんてなあ。
沖縄を餌にアメリカの横槍でびびった感もあるが・・・。

これが沖縄も含め結果的に国益を損なうという事だろうか。難しいが平和ボケっているのは日本だけだなやはり。

不思議なのは日本共産党だけが千島列島も全部日本へ返せって言ってるのは何故ざんす?
平和的に領土を分けたから云々という理由らしいが、胡散臭い。

うーん
立川駅北口の大通りの真んのに北方領土返還の看板がポツンとあるのは何故なんだろう。
これも胡散臭い。

んでもってヴィレッジヴァンガード好きでよく行くんだが、タトゥの雑誌とか不思議本はあるのに、日本のタブーS●Iを暴く!!見たいな本が一冊も立川店にはなかった。

隈なく捜索したんだが無かった・・・。ハローバイバイの人の本しか無かったぞ。
何故だ何でだろう~っ

[PR]

年末の忘れもん壱と弐

北海道シリーズを終え信濃へ来ております。
帝都においても、やっとこさっとこ光サービスを開通させ、ネットが復活しました。

年末年始においては2度も忘れ物をしでかし、心新たに邁進しております。まあ相変わらずおっちょこな小生でありますが、まずその壱を振りかえりませう。

12月23日の天皇陛下御生誕における鳥肌実閣下の九段時局公演の際、ハンチング帽子が好きな私は、この日はランバラル専用ハンチング機にて登壇。鳥肌を喝采し機嫌良にて、九段交番にて敬礼を交わし、居酒屋一献。
宴も酣にて、準備に入るが。。。お気に入りのハンチングが無い事に気づく。確かに被ってきていたはずだ!!!友軍と別れ一目散に靖国通をハイスピードスクランブル横断し交番を睨みつけ、九段会館の前到着するも時既に遅し・・・・。
屈強な門は硬く閉ざされた後であった。

翌日電話し、忘れ物として確認。着払いにて届けて頂いたのであります。
無事届けてもらってよかった。
年末における浮き足であったと警戒を厳とせよと言い聞かし、自らを警戒レベル最高度へと引き上げ聖地北海道への帰路へとついたのであった。



千歳~小樽間のJRのエアポートにて帰省ラッシュとなる。エグザイルの札幌ドームでの年越しライブのファンと混在となり、立ちっぱなしにて札幌へ。
朝からの疲れもあったのか、札幌にて自由席が空き、座席目掛け突撃を敢行!!他を駆逐し座席を確保した後はもうグッタリ・・・ガン寝であります。
そして吹雪の中、小樽にて迎えの親戚寒冷車に乗り込み、これまた別親戚家に表敬した後、仁木へ寄駐。

そこでしばらくの飲食をしている時、お土産を渡そうと思いたつ。

「えーっとリュックは車のトランクかなーっ」。

ホロ酔いにてトランクを開けるが、背負ってきたバートン2号機のリュックが無い!
おかしいな。。。再度家に戻り、他の荷物を見るがやはり一個足りない。またトランクを探す・・・。段々と荒々しく探すも無い・・・・。

おぉぉおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

どっかに忘れた事にこの時初めて気づく!!!
それも荷棚の上に勢いよく上げて、座ってから記憶なし。それでもってリュックを背負わずそのまま降車してしまつたのであります。

金やらカードやらは無論入っていないものの、諸書類や携帯充電器等他の小物は満載。焦ってしまうが、それよりも何よりも何と!!!先日九段で無事生還したランバラルハンチング帽が、またしても、不幸にもリュックにインでありました。

不覚・・・・。

既に電車を降りてから早2時間以上は経過している。

飯どころではなく、電話と携帯をフル稼働しとにかく終点である小樽駅へ打電。

「我小樽降車セリ、バートン2号機は落し物で届いてあらんや?」

「小樽無、千歳に折り返し運転セリ、全道JR落し物端末検索も形跡無であります」
「通常は車掌、清掃が見回りするはずだが、年末の為、中々・・・。」
「とにかく、その線でも車両に可能な限り確認せよっ」と激しい先方とのやり取りを経て、本日中の捜索活動の継続と報告を要請し快諾を頂く。
次に始発の千歳へ打電。
千歳も届け等一切無し。同じく本日中の大捜索及びCBを要請し、ただ座して待つのみとなった。このやりとりの間で既に時間は無常にも過ぎて行く・・・・。

焦燥感漂う中にも、プラスに思案をする。年末帰省の最中である為、皆が荷物を持っている。且つ千歳-札幌-小樽と振替を繰り返している。乗降者は誰も気づかず、リュックだけが何度も
往復している可能性が高い。
もしくは不審物として清掃員が見つけやしないか。

そう確信的に思うものの、盗難の可能性もある。何せランバラルリュックであり国宝級である。

そんな中で日付が12月31日になろうかとする直前。千歳駅隊からCBが入る。
「我無事発見セリヨロコバレタタシ」
良かった。

失踪から7時間余を経て生存が確認したのであります。
ただ本人確認も含め先方としては、取りに来てもらう事が本来筋との事。しかし電話での本人確認のみという、超法規的措置にて即日生家へ発送スとの事で事件は解決を見る。

12月31日の先方の早急なる発送にて、何と業務が停滞すると思われた、元旦のAMには自宅に無事リュックは着荷しました。

本当に良かった。

ハンチング帽子は2度の死線を超え、復員してくれたのであります。
勲一等であります。

そして平成21年度もこれを機に激戦の1月期に突入したのであります。

[PR]

年末2008

師走は何かと忙しい中、本年はE.YAZAWAが無かったので、九段会館は鳥肌実中将の演説会にて大笑満点をさせて頂き、中野サンプラザにて秦基博のライブを堪能した次第であります。

鳥肌は今回は映像的な面白さは半減したような気もするが、トークは素晴らしい内容で時折、田母神元航空幕僚長の話題にも触れ、大笑いの中でも場内がシーンと沈黙する場面が何度かあった。これは氏が話している内容が大筋に的を得た内容であり、良識なる市民には真に響いた証左であると存じます。とはいえ相変わらずのシュールな下ネタも満載に、楽しくそして真面目に世相を切るパフォーマンスにただ感涙でありました。

このお笑い模様が所謂マスゴミというメディアに放送されない事に憂慮しなくてはなりませんな。

そして秦基博、いやぁこの方は歌が上手すぎます。最初は観客もうまく乗れてない感じが有りましたが、アンコールの「僕らをつなぐもの」と来春発売の新曲「朝が来る前に」。
アコギ1本で歌い上げるこの2曲のバラードを聞いている内に涙がボロボロ溢れ出てしまい止める事が出来ませんでした。プロアマ問わずライブにて人様の歌聞いて素直に感動はするものの、泣いた事等一度も無かったのでありますが、思わず歌声と歌詞にやられました。
流石です天才ですこの方。


と聖地北海道ヨリ風速25mの暴風に吹かれながら無電完了ス。通信状態悪し。全軍突撃敢行ス。

[PR]

,