予告先発と人工衛星

盛り上がってきている野球WBCは日本がキューバを下して2次予選でいいスタートを切った。松坂投手も流石の粘りの投球でいい内容でした。

このWBCでは投手の「予告先発」方式を取っているが、半島のアフォ国家!?の北朝鮮が4月4日から8日にかけ春のセンバツに3度目の出場ではなく、長距離弾道ミサイル「テポドン2号改?」を発射すると予告してきた。それもミサイルを「人工衛星」とか言って茶化してるので相当に胡散臭い。

過去2度ミサイルを飛ばして来てるが、今度は政治的度合いが、いつになく切羽詰まっているので気合の一撃を打とうとしているのだろう。そうしてゴネ得を掴むという筋書きだ。

b0007619_1115531.jpg
07年にカウアイ島沖でMDミサイル実験を成功させた、海自のイージス艦『こんごう』

これを受け、日米にてMDミサイルで迎撃すると一応言っているが、現在のところ牽制球には程遠いだろう。そもそもMDミサイルって精度が限られるし、何よりもアメリカの中古品なのは何時もの事。

日本としても高い金払わされて、一回も実戦投入されない、されても命中出来ずに失敗なんて結果が一番お粗末であろう事が明白であります。

北のキチガイが、撃って来ても無視しろなんて意見もあるようだが、それも後々困るだろうし。

まあ裏にある、中国の存在を意識し、自国保護はガッチリのアメリカの合理心境が極東でも今まで以上に見え隠れしているから、元々外交が弱い日本は非常に難しい立場であります。
(麻生さんは外交は最近の中で一番頑張っているけど。)

アメリカも北朝鮮が核を完全に持った云々より、日本が核抑止力を持つ可能性を摘む事の方に重点を置いているように思うが考えすぎであろうか。
要するに日本は金づるであれば、それで良いと思っている国々の利害関係が微妙に融和して、極東でバランスが崩れ始めている事は確かだろう。

ただどんな背景であれ、最終的に国際金融資本(これはオカルト過ぎ??)がやはり裏にあるせよ、日本がお古でも何でも、万全に結果を出し、その上でどっかの原発を地下で改造して極秘「核ミサイル・まいど残号」を製造しとくべき時代に入ったと言っても過言ではないだろう。

鳥肌中将の「ミサイルにはミサイルを」は的を得ているワラ

ほんと、間違って海以外のところに破片とかブースターとか落下して来たら、結構洒落になりませんから、一撃必殺で迎撃を期待します。

「頑張れニッポン」ってこういう時にこそ使いましょう。
[PR]

親不知 抜歯

8年前にタイを旅中、親不知が痛くなった。良く分からない内に痛みがなくなり、そのままほっといたら翌年また激痛にて、近くの歯医者へ急行。しかし、当時の近所の歯医者がこれはこれは酷い藪医者。

ただでさえ歯医者恐怖症であるのに、この藪のせいで、1時間近くの格闘の末、歯が途中で折れてしまって合掌。藪は申し訳ないが口腔外科に行ってくらふぁいと、更に小生をヒロポンで覚醒させ診療室から失踪してしまった。

それ以来親不知には恐怖と憤りとでまったく触れないで今日まで過ごしてきた。
まあ痛くならなくなったから結果良かったと解釈したのだが・・・。

その後も他の歯医者に行っても、「歯科大への紹介状を書くので」とか「当院では出来ません」とか頼りの無い輩ばかりだし、実際に歯科大の口腔外科に行った人達からは、メスで切開したらハンパなく痛いとか、痛み止めも気休めだとかと散々聞かされ、メダパニに会いもう痛くないから関係ないわと6年放置してしまった。

余程の機会があれば、切開して抜くだろうと。。。。

そして遂に3月5日の未明、海外視察のCIAからの密命にての図上演習にて親不知損耗は必須。途上国の練度では、致命傷たるに如何やと、悲痛なる無電が届き、万が一を鑑みて遂に古傷切除攻撃の大号令を発したのであります。

「ニイタカヤマノボレ一二〇八」の暗号を受け、翌日3月6日未明に大本営元医大辣腕口腔外科軍医による執刀が開戦。

激戦を究極を極め、夥しい決死隊の鮮血が流れたが、執刀医は一切怯まずメス攻撃を敢行。と思ったら激戦は何と5分で決着!

遂に6年の沈黙を破り親不知は無事駆逐されたのであった。

先生が名医に近い練度だったので、本当に助かりました。麻酔もGJで全然痛くなかった。

良かった。

[PR]

『シャイニン・オン・君が哀しい』



今日はPCに気合で向かっていたのであるが、フジのとくだねで朝ヒットの総集編がやっていて、サビを歌っているとこの連発をやっとりました。
織田哲郎とかDEENとか大黒摩季とかのビーグラム系にドンピシャな小生ですが、皆様本当に朝の歌唱は辛いのでしょう。が、やはり全盛期のハイトーンも何もまったく維持出来ていないので、何があったやは知れませんが酷い唄が多いです。当時と比べると劣化する声なのでしょうか。

洋邦問わず、加齢以外の残念な歌い手さんが多いような気がします。
ボズスキャッグスも声出なくなったし、エリックマーティンもちょい出なくなってきてるし、今後はアメアイのデビットクックに期待でしょうか。と勝手に思っておりますが・・・。

以前も書いたが、持田かおりは何故あの原キーで歌うのかまたーく理解出来ません。不慮の声事故なんでしょうか。まあ本当に酷い歌手が多くてがっかりしますが、そんな総集編の中で1985年に流行ったLOOKというバンドの『シャイニン・オン・君が哀しい』という歌がかかりました。

当時は小学徒でリアルタイムではありますが、既にメタルッ子仮免だたので、LOOKなんぞは知りませんでした。それでも北斗の券でクリスタルキングの田中さん(ハイトーンボーカル)の声に衝撃を覚えたのは今も脳裏に焼きついています。
そんなハイトーンに憧れて四半世紀な小生ですが、本日またあの時の衝撃を覚えました。

ボーカルはた鈴木トオルさんという方の声であります。
『シャイニン・オン・君が哀しい』・・・・むむッ。名曲であります。既に23年以上も経過して、それも朝8、9時位にこれを歌い上げるのは本当に凄いであります。驚愕のボイスであります。
徳永さんの声に似た柔らかさもあるが、激しく抜ける様は本当に揺さぶられます。小田和正さんのような現役のハイトーンを維持されている方にも感銘ですが、鈴木トオルさんの声の方がパンチもあっていいですね。

今日まで知らなかった事が真に虜囚の辱めと受ける心境であります。

もう30回聞いてます。
秦基博以来の大衝撃です。

それにしても、とくだねの小倉さんは歌い終わった開口一番「大丈夫ですか?」って何か言葉だけ聞くと大変失礼な言い方である。うーん流石バリバリノリベラリストであられる。

朝3時からウォームアップされたようだから、これこそプロシンガーですな。バックの人もこれだけの歌声聞かされたら演っていて楽しいだろうな。
リスペクト

[PR]

カルデロン一家の報道に関して

b0007619_134452100.jpg
以前国籍法改正の事でも述べた通りであるが、法務省及び東京入管の対応は当たり前というか妥当だし評価出来る。
既に何度も期限延長してるし(何度やればいいんだおい!!!)、人道的に十二分に配慮してもう何も言われる筋合いもないべな。
娘さんは日本語だけしか話せないというのは何ら裏が取れてないようだし、実際、両親と親戚とかの間では無論、母国のタガログ語が飛び交っていそうな気がする。日常会話なんぞ話せるんでないのもしかして・・・。と思っても決して穿ってないだろう。
またこのカルデロン名は旅券(パスポート)の偽名であるし、まず本名で名乗るべきであろう。それこそ問題だ!!!マスコミでは誰もそこツッコンでないけど。

2006年に埼玉県蕨市で奥さんが警察の職質で発覚して逮捕となった経緯だが、14年間近く偽造でやってきた事は厳しく追求すべきであり、また入管、警察とも外国人が大量に働く場所でのガサ入れだけではなく、蕨、戸田、板橋付近でのローラー作戦を定期的にやった方がいいのではないか。
まあ出来ない、させない理由は何となく分かるが・・・。

ともあれ、役所も偽の外国人登録証とかの見破る方法を警察、入管と協議して是正して欲しいところだ。

真面目に働いていたからとか、外国人はキツイ仕事を担っているとか、もう笑止でありまったく理由にならん。
イギリスとか他国は既成事実で不法入国も時が経てば在留出来るとか云々。もう話にならない。ここは日本の法律だけ通用するのである。

現法務大臣の子供だけは在留許可、両親も1年くらいのスパンで正式再入国許可のと情状酌量してくれているのを無条件で受諾すべしであります。
※不法入国での強制退去の場合は5年間は再入国不可。

もう2006年で裁判で退けられて退去決定しているので、変な支持者とか団体とか、擁護報道を積極的に報じた6CH(東京)のプロパガンダにこれ以上成り下がらないで帰国してほしいと思います。

そもそも不法滞在以前に、他人名義の旅券(パスポート)で入国は大罪であります。
何故これが見過ごされて、子供だけを前面に情けに訴えるのか、もう怒りを通り越す気持ちであります。
それに無関心な国民がTVだけ見て情に流される輩も多いのが、痛いが・・・。

米国なんぞはもうビザ免除の国であろうと何だろうと、オーバーステイが発覚したら永久追放確定である。
法治国家日本に対する侮辱であり、日本に正式な外国人居住手続きをして、住んでいる方にとっては無礼極まりない愚行であろう。

娘さんだけを残して退去出来ないなら、全員で強制退去すべし。
また在留特別許可を求める意見書を満場一致で国に提出している蕨市議会議員も売国奴認定とし海外追放で良いと思う次第です。
[PR]

●積年 敷金返還頂上戦 其の四(最終回)

※敷金とは
敷金とは、借主(入居者)の債務(家賃の支払い等)を担保するために、貸主(大家さんや管理会社)に渡すもので、賃貸契約終了時に借主が債務不履行(家賃の未払い等)がなければ概ね全額返金するもので、債務不履行があればその金額を払うという解釈の事です。


いよいよ契約更新せず退去の時がやってきた。
5万を下回せる事は簡単だと思うが、やはり録音資料は強いがハウスクリーニング代は難攻不落の代物だ。
入居時チェックは詳細に記載したが写真の添付迄は面倒でしなかった。
これを怠ったミスが大きい気もする。

ここに至るに当たって、敷金紛争の解決を主とするNPO法人の評判を聞きつけた。
特定非営利活動法人(内閣府)日本住宅性能検査協会なる組織である。

通称、敷金バスターという診断士が退去時の立会いに同席し大家又は不動産業者と一緒に物件の調査、入居者負担割合を話し合うという入居者のお助けマンである。
国土交通省ガイドラインや判例、民法を基に公正・公平な判断をし、トラブルの解決にあたってくれるが、雇ったからと言って敷金全額返還を実現可能という訳ではなく、あくまで第三者機関である。あまり先行すると弁護士法に触れる可能性もあるので深追いはしないが、知識とデータで抑止力を行使するのが主であるようだ。

電話相談は無料なので、何度が相談したが、先方はツカオウ氏の練度であれば敵を十分殲滅できる可能性があるので自分でやってみたらいいとは思うとの事。流石非営利団体な発言である。余りやる気が無いのか!?

色々熟慮した結果、やはり引越しのタイミングの都合もある事から調査費用がかかったとしても、元が取れると判断し診断士を雇う事にする。
費用は2万6千円。
うーん。診断士なる者がどの程度の卓越した技量をお持ちなのか見たい気持ちがこの際強くなってしまっていたのでまあ良しとス。

当日は管理会社下請け立会い人が来る1時間前に診断士のおっちゃんが来た。
気が弱そうな見た目ではあるが、バシバシと100枚以上の部屋の写真とチェックシートの記入を始める。
こちらも、前回を上回る入念な自前ハウスクリーニングを行い、相手の追随は辞さずと自負するレベルに仕上げた。

定刻通り敵一個小隊が来た。

事前に診断士を呼んでる事は最後通牒にて打電しているので、先方も小隊長と兵隊の2名体制で挑んできた。
まず設備調査といって、水道を全快で捻ったり、洗面台に水をどばっと跳ねさせた為、塵ひとつ無い芸術の掃除跡を汚すとは何事であるかと怒り、速射砲を浴びせ速攻で相手の一人を殲滅、戦線離脱させてしまったが、冷静しなり、まあ座して話そうと車座になる。

相手の提示は5万5千円。
診断士の診断は0円。

相手の兵隊は一命を取り留めていたが使い物にならぬ為、小隊長が果敢にも診断士と断固整然と対峙する。
座して1時間半以上の激戦であったが、途中から小生が診断士の話も小隊長もぶっち切り、絨毯爆撃を執拗に繰り返す。
結果、敵小隊長と共に戦場においての練度を認め合う形となり、持って来た見積書は無効にて、且つ5万円も絶対発生しない、出来ません。ツカオウ氏の希望を再度本隊に確認しますとの事で口頭戦は一先ず休戦合意した。

既に診断士は瀕死重症を追っていた。

後日小隊長から3万でどうでっかと連絡があった。

即座に却下し、敷金診断士からの強行査定書を発行してもらい速達させる。

再度の折衝の連絡が来る。

繰り返す

究極の交渉の結果、麻生総理もびっくりの3島返還+千島一部割譲とも言うべき24万3千円の返還を勝ち取ったのであります。
0円に限りなく近い、5千円精算のみでの締結となったのである。
敷金診断士のエージェント代は馬鹿にはならぬが、それを入れても元は取れたし何よりも当方の勉強代としては安上がりである。
戦術的勝利と戦略的勝利のどちらも手中に収めたのであった。
時間と予算がもう少しあれば司直に持って行かざるを得ない可能性もあったが植民地民(入居者)は宗主国(オーナー管理会社)からの搾取に独立的勝利をもぎ取った。

次回からは完全武装であります為、孤軍で孤高に渡り合えると確信したのであった。
まあ賃貸面倒だから古民家を勝手にリメイクでもすっかな。

これにて終結。

※敷金バスター(診断士)をただ雇ってもこのような紛争解決には至らない可能性があります。
※癒着清掃業者のハウスクリーニングなんぞただの人件費ですが、それに劣らない自前の掃除を完全にやりきれる事が交渉の大前提となります。
※クッションフロアを含む床やクロス壁等、すべてにおいて補強材等を使用し、壁等が汚損した場合はあらゆるDIY用品にて最善のクリーニングをするべし。
※契約書の弱点、盲点をいち早く索敵する事。
※国交省のガイドライン+東京都紛争防止条例には必ず目を通す事が必須であります。
※ベランダやトイレ等も有り得ない位掃除する事が重要です。
※常識ですが契約時の担当者名や宅建者名、日時等細かい詳細を残し、入居時チェックシート等は貰えなければ請求しましょう。
※入居直後や仲介業者との内見時には部屋の写真をバシバシ取るようにしましょう。
また内見する部屋に電気が無い事もありますので、日中に見に行きましょう。
※退去立会い時には必ず概算での見積もりでもいいので金額の提示を求める事。そして即答しない事
※退去立会いは時間に余裕がある方等は引越し日当日ではなく1週間位事前に来てもらう作戦も有効です。
退去後には部屋に入れないのでありますので、齟齬や難くせ防止には役立ちます。


敷金は必ずあなたの手元に全額(または限りなく全額)帰ってくるはずです。
以上

[PR]

●積年 敷金返還頂上戦 其の三

※敷金とは
敷金とは、借主(入居者)の債務(家賃の支払い等)を担保するために、貸主(大家さんや管理会社)に渡すもので、賃貸契約終了時に借主が債務不履行(家賃の未払い等)がなければ概ね全額返金するもので、債務不履行があればその金額を払うという解釈の事です。


4度目にて戦術的勝利を上げた事により、俄然5度目の入退去には総力を上げてとりかかった。
デザイン物件には懲りたので、5度目の物件は収納が沢山あって、駐車スペース付で築浅物件を索敵し希望の物が見つかった。
そこの物件は大手のイヒのCMをやっていた、●●成不動産。
契約解約は全てここの下請けが全権。
家賃駐車場込みで12万4千(敷金24万8千)契約書の内容は事前に送ってもらっていたので十分内容には目を通していた。
●●成不動産の賃貸契約書は隙がまったくなく、クリーニング代金もLDK5万~と明記されていた。床材はクッションフロアで補修は借主負担見て取れる内容もあった。
うーんかなり強敵である。

これを踏まえた上で、試みとして"国交省ガイドラインに則り双方合意の契約書を締結しましょう"と長々と書いた覚書を2部持っていってみる事にした。
当日、契約が始まり、当たり障りの無い契約事項をタラタラと担当者が延々案内する。
敷金と原状回復の説明が始まり、クリーニング代は5万~発生する旨と、敷金から精算します。精算は退去立会いに見積もりを出すので、入居時チェックリストを記載し入居後10日以内で返送してくれ云々話の頃合も見て、覚書を広げ敷金論戦を挑む。
予想の通り、相手は相当びっくりして目を通していたが、気を取り直しこちらへと向いた。

担当・・・「ガイドラインのお話も分かりますが、契約での特約事項は何ら問題ないものですので」

ツカ・・・「条例は双方合意文章の締結ではありませんか? こちらの覚書も立派な契約文章ですよ」

担当・・・「はあ、しかしながらイキナリこれをご提出されても、通常はこちらのご用意させております本契約書にご捺印頂かないないと・・・」

担当・・・「先方様(イヒ社)に確認も可能ですが、私どもしては、やはり契約自体ツカオウ様とは
出来かねると思われます」

想定内の回答である。
一段階落とし、無調印ではあるが本書面の一部づつ双方保管という事で契約書を受諾する方向で話を進める。
クッションフロア(以下CF)に関してはハウスクリーング代金に含まず、補修箇所があれば、請求しますとあるが、そもそもクッションフロアは補強材とか置いたとしても跡が付くだろうし、極端な話家具も何も部屋に置けないのではないか?と相手を攻める。

重要事項説明をする宅建主任者も含め、ハウスクリーニング代金が5万~ではなく、ガイドラインと都紛争防止条例には例外としての特約がある点を突き、特約を定める事が出来るが、全て認められる訳ではなく無効とされる場合もある。それを含めた原状回復である。
よって綺麗に使って退去すれば入居者に過剰請求は出来ないものであると押し出す。

そしてその時はやってきた。

ハウスクリーング代も5万~ではなく5万円を下回る事もあります。
この契約書に記載の無い事を認めた回答を引き出した。
その上で前出の入居時チェックリストを作成し送る事とすると締結した。
契約時においては大善戦し意気揚々と入居す。

つづく

[PR]

,