<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

~消えゆく国産旅客機YS-11~

b0007619_2352728.jpg

と題してNHKでYS-11旅客機に特集をしていた。何となく引退するとかは聞いていたが06年9月30日が最後の1機のラストのようだ。最後となると乗ったこともないのに、何かとても残念な気がしてならない。第二次大戦後、初の国産旅客機として様々な苦難を乗り越え就航、主に海外で販売を敢行、しかし軌道に乗るか乗らないかの僅か8年間程で生産中止となってしまい、その主原因は販売網の構築不備と赤字であると番組は語っていた。
アメリカを中心とする海外旅客機メーカーの下請け(高度な製品部分を請け負っているが・・・)に甘んじてしまった現在を見れば何らかの外圧もあったやもしれないが、航空産業が様々な技術革新を支える現状を考えると日本があの時代に結果的に撤退した事は、真に残念極まりない。たられば好きな発言になってしまうが、後継旅客機が以降開発されていれば純国産のFSX支援戦闘機が誕生していた可能性もあるし、日本の冠たるハイテク技術を磐石の布陣にしていたやもしれぬ。国産OSとして、日本で生産販売されるパソコンへの標準搭載が目指された幻のOSであるTRONがウィンドウズ(何の疑念もなくXPにはお世話になっておりますが)に潰される事もなかったかもしれないと考えてしまう。残念な事だらけだが、TRONは後に携帯への端末へと受け継げられたし、早川電気(シャープ)は亀山工場を生産技術の流出防止の為に作ったし、まだ細々であるが国産の旅客機復活へ向け研究は進めているとの事なので期待を持ちたい。ここに来てあらゆる分野、産業で、中国・韓国の激しい追従を受け待ったなしの日本の行方はまったくもって不透明だが、鳥肌実を聞いて今日も残冬万歳!!
[PR]

経済消費活動が活発化になりつつあ

る。まず小生人生初の車の購入を決定した。ハンビーそしてHUMERH1の後継であり今尚都会の道路に不釣合いのHUMERH2が欲しかったのだが残冬補正予算が審議を通過出来ず、目処が立たず、アメ車は断念と相成ったワラ。検討の結果、国産車は日産となる!!昨日ディーラーと締結し本日支払い完了。あっけないものだ。後は九州から船便で来るのを首を長くしてひたすら待つのみである。日産に決めた理由は単純に知り合いがいたからと素敵な且つあまり人が乗っていないミニバンがあったからであります。んー待ち遠しい。

これに伴い、買機を逃しているソニーのデジタルビデオカメラの買い替え心が加速してきた。デジタルビデオカメラも昨年前半からハイビジョン撮影が出来る画期的な製品がソニーから出たが、遂に9月にDVD(8cm)での録画専用カメラと10月にはHDD(ハードディスク)記録専用のカメラがこぞって出る!現在で3代目のソニーのDV専用のハンディを使用しているがバッテリーの消耗度が激しく、長時間の撮影が厳しくなってきた。そうは言ってもシャリシャリのゲレンデに裸で落としても道路に落としても無事だった愛機であるからまだ頑張ってもらうかな?
さておきショールームでソニーの一般ハイビジョン2代目のHC3の映像にノックアウトされているので、手に入れたい。しかしだ!無論元祖ソニーの製品の右に出る競合他社はないが、ソニーもソニーでmacとのMP3プレーヤーのダウンロードの互換性の問題があったりと、結果的にエンドユーザーに向いていない傾向が強い。ハイビジョンカメラの技術も多少は出し惜しみの感があるので、もう少し何とかして欲しいところである。まあ色々な事情もあるとは思うが・・・。それよりも日立の今ヘビーローテーションしているビデオカメラのWOOOだかは過剰な宣伝である。HDDでもDVDでも取れるとあるがご存知のとおり、あれはハイビジョン撮影機ではない。現状は家庭用一般ハイビジョンカメラはソニーとキャノンのみである。ハイビジョンとは謳ってはいないが、何となく錯覚を覚えるし、HDDに撮った映像をカメラ本体でDVDに録画出来るのが強みのようだが、これが見切発車だ。要はHDDで最高画質モードで2時間弱撮れるが、一杯になったからといってDVDで撮るという事ではない。HDDで撮ったらそれをDVDに録画出来るだけである。同時録画なんて出来ない。それであればソニーのように別々でそれぞれ出した方がいいのである。パソコンに通さなくてもという事もあるが、ハイビジョンじゃないのでダメダメだ。うーん早くブルーレイが出てくれれば、ハイビジョン撮りが倍以上には向上するから、解像度の難点もあるし、それまで待つかな。いやはや難しいところである。

[PR]

,