<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サッカー日本代表 敗戦 やばい

b0007619_16462280.jpg
ジーコが構築した青きセレソンは本物のセレソンに無条件降伏し2006年W杯を予選通過出来ず。終えた・・・。残念ではあるが何となく予期していた結果だったと思ふ。ただ自分の予想先発で外させて頂いていた玉田が稲妻シュートを決め先制した時は、もしかしたら!?と・・・。ブラジルの強さはやはり半端ではなかった。昨年のコンフェデの引き分けすら本気ではなかった事が今更ながら痛感した。90分間戦闘を続けた日本選手はこの圧倒的な強さに予想以上にビビったのだろう。ただ試合を振り返ると前半を0点で抑えればもう少しは違ったかもしれない。
今後責任論やら監督交代劇やら専門家等も含めあれこれ始まるだろうが、一番の懸念事項は世代交代である。次世代の台頭がないと非常に2010年は厳しいのではないだろうか。ジーコ政権下フル代表に20歳以下の若手等は登用されなかったが、これは単に中田など黄金世代の厚い壁を突き破れなかった結果である。97年W予選での中田の登場、98年W杯の小野のデビュー以上の若手の追い抜きがないと、まずい!!。ここ数年のフランスの低迷も世代交代の失敗からきているのは明白だ。フランスは98年の自国優勝以降どうも振るわない、これはブラジルでも過去あったように、乗り越える必要があるが、どう足掻いてもタレントがなかなか育ってこない冬の時代を迎えていると思われる。まあブラジルは予選は何だかんだ言って間違いなく突破は出来るが、フランスは次回は結構やばいかも。日本に至っては相当にやばいと思う。
やはり五輪ユースまで一貫してみれる代表監督を選考し、4年とか長期ではなく、ファルカンの任期位でも良い。デシャンでもオシムでもいいが、極論日本の監督は日本人を推薦する。外国人監督で突き進むなら、助監督的なヘッドコーチを複数人置いて競わせて、願わくば奪うくらいの状況、勢いを作ってもいいのである。鳥肌ジャパンくらい過激でもいい。もしくはキングカズ・ラモス連合ジャパンとか、とにかく代表のいち早い世代交代が待たれる。
また国内では確かにサッカーが子供には一番人気のスポーツには成っているが、まだまだ国土は広い。野球道へ行こうとする子供やその他の秀でた子供も実はサッカー道を邁進すればそら恐ろしい怪童は居る!?はずであるから、とにかく早期発見が必須である。ブラジルはこうしたハンティング技術も長けていると思う。
※中田ヒデがこのまま代表引退か!?で騒いでいるが中田が更にいぶし銀に熟していても、まったく選考されないくらいの状況を早急に作らないと激しくやばいと思われます。ホップステップ玉砕の精神で貫徹を祈念します。
[PR]

起死回生のブラジル戦への展望!

b0007619_2312376.jpg川口のスーパーセーブで勝ち点を取ったクロアチア戦はプラスである。ブラジル戦は主力温存である可能性があるが、個人技で日本が圧倒できる等は到底思ってはいない。何でもいいから泥臭く勝って頂きたい。日本国内外問わず、「勝てねーよ。どうせっ」と思っている輩が大半であるからこそ、再びマイアミの奇蹟が転がり込んでくるやもしれない。勝った上で他力が加わらなかったらそれは致し方ない。予選突破もくそもなくフル代表でブラジル劇場を駆逐できる事を願う。あまり人員を動かさないジーコ監督の采配ではあるがクロアチア戦での稲本の投入やFWの交代は良かったと思う、ただ大黒の投入時間はもっともっと早くても良いので、後半最初からでも先発起用でもいいのだ。とくにフレッシュ・巻を起用すべきである。久保をはじめ多くのFW選手の代表なのだから先発に使え!


理想先発(これで行けや我)
FW・・・巻、大黒
MF ・・・中田、中村、稲本、小笠原
DF ・・・三都主、加地、中澤、坪井そして川口
状況に応じ、高原、玉田、小野の投入要

これで勝てる!!!!!!!

※韓国のトーゴとの緒戦並びに仏戦での活躍は目覚しい! 粘っこくやっているし素直に認めます。つうか6回も出場しているし流石ですね。頑張って古豪スイスを撃破し前回日韓共催で戦った、因縁のイタリアと是非当たって今度こそ本当の決着をつけて欲しいものです。アズーリ、イタリアも無事予選突破して韓国と対戦となれば相当燃えるな。

[PR]

サッカー日本・・・豪州に豪撃沈される!!!

圧倒的に負けた・・・。それも予想外な失点で・・・。心ない韓国サポーターは喜んでる思うとそれだけで腹が煮えたぎる。

日本に今漂うこの無気力な空気は時間の経過とともに更に増すことになるだろう。少なくとも私はそう思ふ。試合の詳細は専門家に任せるが、川口の好セーブとバック陣はよくやったし攻撃陣も何度もサイド(主に右・・・サントスは本調子でないので左は潰されてたが・・)
の突破が出来、いい場面は作れていた。ただこの暑さで消耗は普段より激しかったし、足にきていた選手も多かった(両チーム)。後半同点にされてからは誰もが引き分けの事を考えていたし、当事者の選手はこの時点でほぼ頭真っ白である。この状態で牽引するのは誰でもない監督である。ジーコの小野起用は個人的には納得いかない、大いにたらればを炸裂するが、攻撃的ではあると見る場合もあるが、あきらかに守勢の計算である。トルシエ+ジーコの采配でよく見られる遅い決断である。太平洋戦争時の南雲機動部隊が第二次攻撃をせず帰還した事とレイテ島での栗田艦隊の反転撤退の判断と同等以上の衝撃である。小野が入る前に既に坪井が無念のリタイアとなり一人交代となっている。この点を踏まえば指揮官としてはもしもの同点+逆転された想定をするはずであるから、小野ではなくこの時点で大黒を含めたFWの交代が必要である。結果逆転を許した時点で大黒投入は遅すぎる。これは勝っている時の采配である。ジーコと知将ヒディングとの差であろうか・・・。2バックの時点でもう豪州さんは勢いついているから3点目もあっとう間の惨敗。NHKの山本アナを始め岡田さん、山本さんもそこをもっとも言いたげだった。岡田さんはカズを落選させた愚行を犯し、まだまだ日本代表監督に再選は当分ないが、(カズ監督の方が早いかも)試合中の選手交代は素早いのでこの点は評価できる。岡田さんであれば既に柳沢の足が危険であったので後半最初からもしくは百歩譲って同点で大黒投入。逆転許したものならば、ここで巻木でも玉田でもいい。時間は限られているのである。ヒディングは実にテンポがよかった。まあ豪州のサッカーがパワースタイルなので監督も指導しやすいが。それにしても支配率、シュート数共に圧倒的にリードを許していた事は遺憾である。前半の時点で懸念材料であったが、この不安がもろに当たった。また右から駒野がいい上がりを見せ、小野が入った後もチャンスは作っていたが、結果シュートで終わる事が出来なかった。これは中田が完全に抑えられていたのもあるし俊輔も足に来ていたのも原因だが、やはり精度がいつも以上に悪かった。川口の好セーブが続いているうちに何とか追加点が入れば流れは大きく変わっただろうが、あれだけ練度の高い強烈なシュートと高さの反復が続けば確立から言って失点は致し方ない。もう次の予選が心配である。オセアニアと南米5位のプレーオフではなく、豪州もアジア枠に参戦しての予選である。南アフリカは遠くなるのではないだろうか。そうならない為にもクロアチア戦で是非勝利し、ブラジル戦にマイアミの奇蹟をかけるしかない。これは限りなく可能性は低いし、98年の仏W杯のアジア最終予選時の奇蹟以上の他力的要因も必要不可欠であるが、今は何とかそれを期待するしかない。
まだ2試合残っているので今後の日本サッカーの指針を示す為にも勝ちと価値を見出して次の代表監督と代表選手に繋いでほしいと切に願うばかりである。

※日本人の監督でもういいでか?・・・・。負けても国に逃げ帰られなくてすむし。

[PR]

エレベーター事故! シンドラー社のトラブル

東京都港区のマンションで高校生が死亡したエレベーター事故に絡み、「シンドラーエレベータ」(江東区)が製造したエレベーターのトラブルが少なくとも15都道府県で約140件近く発生しておるとは・・・という我がマンションはシンドラーである。ウチのマンションに入居してすぐエレベーターは止まるし、人は閉じ込められるわ、自身も以前時間にしたらそうでもないが、ドアが開閉しなくドキッとした事があった。当時は「欠陥エレベーターだこりゃ!!」と言いまくってたが、恐怖感はなかった。何度も点検・保守業者が出入りしているのも見かけているので、改めて怖いと・・・。

階段かなそろそろ

[PR]

エキサイト

合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!

[PR]

,