「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

職場の

b0007619_0391292.jpg同僚達に色々あって祝ってもらった。どうせ飲みの口実かとも思ったが、写真立てのプレゼントを頂き、ちょいとサプライズで嬉しいの一言につきます。
仕事をサボって選んで買ってきていただき本当にどうもです。大事に飾ります。

[PR]

常夏のハワイ~③ 真珠湾編

b0007619_22225212.jpgダイヤモンドヘッドに登り、ハナウマ湾に行って買物してと、オアフ島を満喫していたが遂に残冬として向き合うべく、65年近く前に日本が奇襲攻撃をした真珠湾へザ・バス(2ドル)20番にて一路向かう。約1時間30分の移動を経てUSS Arizona Memoria ビジターセンターへ付く、入場は無料、寄付金を受付ている。小生は10ドル強をご寄付させて頂く。1000円とかも入っていて日本人も来場する方は一応多いのかと思ったが・・・。施設は入ってすぐ博物館になっており1~24程の順路に沿って見学し、その後戦艦アリゾナが眠る記念館へ船で渡る流れだ。船に乗るまでに待たされるので日本語翻訳のイヤホンを借り(5ドル)館内を巡る。
今更経緯等は割愛するが日本が陸軍主導の軍部の独断先行にて中国への侵略を重ね~三国同盟そして奇襲へと繋がる流れが紹介されている。真珠湾攻撃を担った旧日本海軍の雷撃機が投下した実物の酸素魚雷や両国の提督の写真、そして旗艦空母赤城の模型もあった。真珠湾攻撃隊長の淵田美津雄中佐が何度も放った「トラ・トラ・トラ……」の無電も掲げられてた。攻撃による犠牲者数は日米軍人2,404名、民間人48名併せて2,452名(記念館記録より)。このうち1,177名がアリゾナの乗組員で、1,102柱の霊は今も艦とともに海底に眠っている。この事実を考えると感慨深いものがある。

乗船直前に記録映画を見て船へ、洋上のメモリアルが近づくに連れて、水面を走る雷跡が見えるような錯覚が目に浮かんでは消えた。戦艦アリゾナは先のハワイの豪雨にて若干その艦影は朧気であり、且つ乗組員と艦の上に自分が立つ事がどうしても憚られる気がし重苦しかった。そして何とか合掌を捧げた。翻訳機のナレーションからブッシュパパの言葉が最後にこのように聞こえてきた。「我々はこの戦争に時には傷つきながらも勝利した。しかしその事で誰も恨んでいないし憎んでもいない」。「彼らを我々の資本主義の理念にて見事再興させ導いたのである」・・・。その通りかもしれない。アメリカ人にとっては太平洋戦争唯一の屈辱的敗北の地であり、出発そして勝利の地である真珠湾。この日も愛国心を胸に多くのアメリカ人がここを訪れていた。日本人は自分達を含め極少であり、肩身の狭い思いもしたが、前出の淵田美津雄中佐が戦後アメリカに移り住みクリスチャンになったと書いてくれていたので少しほっとした。

しかしながら今もってここは当時と変わりなくアメリカ艦隊の最大の母港であり現役の艦船が多数停泊している。真珠湾~横須賀を経由した多くの艦船がイラク等へ向かい作戦に参加している。そして誠に残念である事は一つ。犠牲者に兵隊も民間人もくそもない事は重々承知している。敢えて物申したいが博物館には記録としてもイヤホンでも48名の民間人が犠牲になった事は書かれている。日米開戦への経緯も詳しく述べている。だがキノコ雲が立ち昇った広島・長崎にて数十万の罪なき民間人が無差別に犠牲になった事には一切言及していない。この真実を知る事もアメリカ人にも必要ではないだろうか。今尚続く悲劇の連鎖を断ち切る為に。
アメリカ本国からの観光客に次ぐ2位の旅行者数の日本人。もっともっと皆足を運ぶべきである。
アリゾナから漂流し続けている血と涙の重油がとても虚しい。

[PR]

常夏のハワイ~②

b0007619_12275729.jpg楽園ハワイ。年中常夏でギラギラと太陽が照り、涼しげな風が誘う。何の疑いもなく満席の機内。
近くの席から「ハワイずっと何週間も雨らしいよ」「えっ!そうなの?」「ハワイでしょ?梅雨ないっしょ?」「ツアー会社何も言ってなかったよ」・・・・。知らない事はそら怖いが、こちとらは直前にWEBで情報を見て把握していたのはいたが、正直信じられないで飛行機に乗っていた。日本のサイトとかはホノルルずっと天気みたいな直前情報なのだが一応海外のサイト等を見ると、どうも雲行きがよろしくなかったのである。結果、ハワイ諸島方面は50年とも60年振りとも思われる、記憶に無いほどの豪雨被害に見舞われており、街は浸水やら土砂崩れ等、相当な打撃があり観光にも相当な被害が出ていたのである!2ヶ月近くに渡り南国特有のスコール型の雨ではなく、大雨、それも日本の梅雨以上の湿気を含んでである。
ホノルルのワイキキでは何と下水管が破裂し、修復が追いつかない為、しかたなくビーチへ直結のアラワイ運河にポンプでそのまま泥水を垂れ流しに。結果誰もが知っているあのワイキキビーチがバクテリア汚染されてしまい入浴禁止!青いビーチは失われ、濁った汚泥の色へと変色していたのである。ワイキキでは細菌感染と見られる症状で、両足を失いその後死亡された方も出、カウアイ島でも土砂崩れで死者も出、ハワイは一体どこへ行ってしまった感であったのである。
一応徐々には天候も快復に向かって行きつつあるとの情報を信じての旅行だったが。到着すると満面の太陽に迎えて頂いた。10数日滞在したが多少のスコールはあったが、ほぼ快晴に恵まれ、地元の人にも「先週とか来なくて良かったな。もう大丈夫だ」と言われる位天気は良かった。しかしながら未だに復旧中の道路があったり、ハワイ入りして3日目に入浴一部解禁となったワイキキビーチはやはり本来の色を取り戻す事はなかった。海水浴しているのは日本人を中心の観光客主体で地元民は殆ど入っていなかった。まだまだバクテリアの影響は現時点でもあると思われる。※一説には元の色に戻るのは数ヶ月以上かかるとの事。
まあワイキキビーチ以外は問題ない所が多く、オワフでは唯一ハナウマ湾に泳ぎに行ったが、ここは本当に綺麗な海で素晴らしかった。

それにしても日本の旅行会社を筆頭に地元のホテル含め観光業者はこの雨の被害を公言するのは実質避けていたようだ。(一部ホテル等はお知らせをしてたとこもあるらしいが)キャンセルを恐れる事が要因である事は分からないでもないが、そうした事前情報はある程度出すべきではなかったかと思う。結果的に天候が快復したからいいものの、万が一ではあるが感染等発生したらそれこそ一大事である。日本のTVメディアでもまったくと言っていいほど被害のニュースはなかったように思う。ドル箱ハワイはわかるが、そういった安易な体制が大きな二次災害を招き結果、減収するという事になっては後の始末である。こういった暗黙の体制は許されるものではない。今後はもっとオープンに対応する事を切に願うばかりである。

[PR]

常夏のハワイへ~①

b0007619_12123682.jpg
小生遂にハワイ(オワフ島)へ上陸!!今までアジア中心に貧乏周遊してきたが、2年半も海外に行っていなくもう限界に達していたが、まさかハワイ!それも日本人観光客ばかりで日本とさして変わらないリゾート地へ・・・。
今回は親族で行く事が主軸であり、あくまでホスト役に回ったので前半は買物三昧で大変だったのだが、いや本当に日本人ばっか!天下の歓楽街ホノルルはアラモアナショッピングモールもフードコートとか安いショップにはロコやら外国人が多いが、ブランド街はもう日本人の山々!である。当たり前だが物価は日本と対等で、(TAXは4.166%)ホテル、食事全てが高く両替した虎の子の材質共にちゃっちい世界機軸通貨ドルさんが湯水のように消え去っていく。。。まあ高級ホテルでのバカンスも悪くはない。でももうハワイは・・・いいや・・・。。とんでもない!実はハワイイイネ!海がやっぱり最高だ。
(海については後程)家族で行くならハワイだやっぱり。あれだけ確立した行きやすいリゾート地はハワイ以外には見当たらないな。10回目位からハワイリピーターって呼んでもらえるらしいので(笑)その位行ってみてもいいかもである。
ただし買物は今回が最初で最後なので、次回はビーチ堪能編であります。外人連中は買物漁りではなく白い肌を酷使しビーチで寝る事に時間を費やしており(もしくはプール)、大方の日本人のように買物もビーチもオプションもと無理やり詰め込んだりしてない。

まあ安く過ごすならコンドミニアムで自炊で切り盛りすれば何とかなるので今度はゆっくりビーチ周りだ。
[PR]

トップ変更

b0007619_26925.gif
しばらく使用したカオラウ表紙からスキンを南国パイン仕立へ変更しました。まだ未完ですが、少しずついじる予定です。宜しくどうぞ
[PR]

,