<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祝王ジャパン世界一!!

b0007619_17153246.jpg
本当におめでとうございます。あの2次リーグで韓国にまさかの敗戦。屈辱の日本野球に暗雲立ち込めたが、3度目の正直で韓国に圧勝。そしてキューバーを凌駕。
WBCは本当に審判問題等が山積したが、まずは日本が勝った事で全て許す。が、しかしアメリカの世界一を描く大会であるので、MLBを含め3年後もちゃんと改善点を踏まえ開催して欲しい。野球のすばらしさ、日本のプロの本当に元気ハツラツ野球を見て、本当に目頭がまだまだ熱いこの頃でありますが皆さんいかがお過ごし・・・なーんてマネしたくなりやした。

あえて言うなら日本のプロ野球は、底辺の問題も含め、未来にまだ磐石ではなく現状は変わってはいないと思うので、こういった快挙をうまく活用し、サッカーと共に切磋していく事が重要である。世界的な人口の拡充がなかなか難しいスポーツではあるが、間違いなく裾野は広がる。北京五輪での金メダル奪取と次回WBC大会の連覇を目指せ日本。6勝で決勝に進出出来ないと文句言っている韓国を再度粉砕し、宿敵MLB選抜のアメリカと今度こそ決勝で戦うことを望んで。

イチローと大塚が先に帰国しなければならない選手たちを見送る姿が本当に寂しそうで、涙腺が緩みまくりでありますが、イチローの言葉を借りるなら「このメンバーでMLBで戦いたい」。そう遠くない未来に何らかの形で実現して欲しい。

※韓国メディアの報道は本当にレベルが低いな!アメリカは素直に敗戦を認め、潔く日本を称えている。巨人のイを始め選手はそうは思ってないだろうが、謙虚に受け止めてこそ日本と今後もいい意味で切磋琢磨出来るというもんだ。
[PR]

WBC 日本またもや韓国に敗戦!!

b0007619_22565185.jpgイチローの取れなかったライトファウルフライ。イチロー客席飛び込む。飛び込んだが韓国の方々ばっかり!!(アメリカはファウルボール貰えるけど・・・日本人は逃げ気味で避けるなきっと)

イチロー声を荒げるも、ブーイングの嵐。試合はもう結果が出たので語るまでもない。がしかし、2002年サッカーW杯日韓共催の韓国対イタリア戦、スペイン戦を思い出してしまった。負けなしで勝ってたら、日本を負かしたら兵役まで免除するとの事。対日本への対応の早さと流石の挙国一致体制だ。単に負け惜しみだが本当に悔しいなぁ。

無念であるが、やはり五輪と等しく、最強のメンバーではない。次回があって参戦するならその時点での国内、メジャー所属の本当の精鋭で挑むべきだ。間違いなくメヒコは米国にボコボコにされるが・・・100万回の1回の確立変動で日本準決勝へ他力復活、韓国と3度合間見え、劇的完勝

ないか・・・


松井出れよマジ

[PR]

駒大苫小牧が選抜出場を辞退!!! 部員飲酒で

誠に残念の一言である。

昨年夏の甲子園で連覇を果たした北海道の雄、駒大苫小牧高校(苫小牧市)の3年生野球部員らが飲酒、喫煙し補導された問題で、同校は春の選抜大会出場を辞退すると発表した。3年生でそれも卒業式。。タバコ、酒・・・小生はバリバリだったので・・・・卒業式位は堂々と!という気持ちは分からんでもない。が、しかし、ただの田舎のとか、やる気のない悪ガキの見栄っ張りの行為では済まされない。ましてや北海道の苫小牧の一高校ではない。57年振り、戦後ほぼ初のような歴史的な大偉業を甲子園にて勝ち取った偉大な野球部なのである。

殆ど控えのメンバーのようだが、昨夏の甲子園で優勝したときのベンチ入りメンバー5人もいたという。新三年生達が・・・甲子園を控えている段階を考えて欲しかった。。。慙愧の念が絶えない。去年は優勝後に野球部長による暴力事件があったが、生徒の直接の行為ではない為、恩赦が下っていたが・・・・。

プレッシャーが何たらかんたらでタバコに逃げたとかでも何でもない!卒業だし、関係ねぇみたいな感じなだけで、何故そのような行為を。。。ベンチに入れなかった恨み辛みでもないだろう。
高野連だって、学校だって、道民だって、全国の高校野球ファンの全てが本当に残念と思っているだろう。全国2連覇の偉業は一先ず地に落ちる事になると思うが、出直して欲しい。
何とか夏は田中投手が最後なので、出場させてほしい。新3年生は関係ないのだから・・・。

あー残念無念

[PR]

油まみれ海鳥はどこから 知床の海岸に770羽~

b0007619_22433193.jpg
世界自然遺産登録区域を含む北海道・知床半島の海岸に漂着した大量の油まみれの海鳥の死骸(しがい)は2日、北海道の調査で約770羽に上った。石油・天然ガス開発が進むロシア・サハリンからの油流出を指摘する声も出ているが、原因は特定できていない。- (共同通信) - 引用

※写真は2月28日に九十九里浜でイルカ70頭が打ち上げられ、地元住民やサーファー、シーワールド職員ら何十人もで救出作業に当たった時の模様だが、まず地元の方々に敬服します。
いつも助けるのはイルカとか鯨とかだけだべや!という輩もいるかもしれないが、これには本当に頭が下がります。本当にご苦労様でした。
シーワールドの方曰く「リーダー格が誤って岸に近づいてしまい、群れ全体が打ち上げられてしまったのではないか」と話しているそうなので、専門家の意見が妥当だとは思うが、知床の件といいイルカといい、欧州で猫まで感染が確認された鳥インフルエンザといい、何か想像はしたくないが、点と線が結びつくような気配ありである。
[PR]

,