<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日航機を検査!! またもやトラブル

シドニー空港を30日に出発しようとした関西行き日航778便ジャンボ機(乗客乗員181人)の主脚部品が破断するトラブルがあり、オーストラリア航空当局は事故につながる恐れがあったとして調査を始めたことが31日、分かった。
けが人はなかったが、778便は出発を取りやめ欠航。日航は保有する全ジャンボ機79機の主脚部品の目視検査を始めた。
日航によると、日本時間の30日午前10時半ごろ、同機が駐機場からけん引車で移動を始めた際、機長らが何かが折れるような音を聞いたため出発を中止。点検したところ、左翼主脚の付け根付近の部品が破断しているのが見つかったという。(共同通信)~引用

・日航と言えば御巣鷹山の大惨事が思い浮かぶが、発生からちょうど20年が過ぎ風化の一途を辿っている。しかしながら今年に入ってからのトラブルが余りにも多く発生しすぎではないだろうか?エアシステムと統合後により整備体制を含めあらゆる運用上の問題もあると思うが、まったくもって空の安全システムが前進しているとは甚だ疑問視せざるをえない。全日空にしても飲酒トラブルが最近発覚したりと不祥事がないわけでないが・・・・日航は多すぎである!

ストだ裁判も大いに個人的には結構だが、労働組合自体が個人の批評批判をぶちまけるものに徐々に成り下がってきているのではなかろうか?沈まぬ太陽パート2を出版して欲しいくらいである。ともあれ今日も明日も毎日大空を無事に飛んで欲しいものである。
123便の犠牲を忘れてはいけない。

[PR]

元日本兵情報進展なし、政府関係者全員が現地撤収

ミンダナオ島の山中に元日本兵2人が生存しているとの情報に基づきジェネラルサントスで確認に当たっていた日本政府関係者5人全員が、30日午後、当地から引き揚げた。
「2人の情報を持っている」という日本人男性仲介者の話は信頼性が低いと判断したためだ。在フィリピン日本大使館の江川明夫公使は記者会見で、「今後の段取りについてはマニラで仲介者からの連絡を待ちたい」と述べた。
同大使館は26日、仲介者から「27日に2人を連れてくる」との連絡を受け、ジェネラルサントスに館員を派遣した。だが、仲介者があいまいな言動を繰り返した末、29日になって「今回は難しい」と言い出したことから、幕引きを決めた。厚生労働省が派遣した担当者も館員4人と共に、30日、撤収した。

太平洋戦争で多くの日本兵が犠牲となったフィリピンでは、「元日本兵」や「遺骨」の情報がしばしば出回る。遺骨収集団などが現地入りすると、地元にカネが落ちるとあって、不確かな情報を売り込んでくる日本人やフィリピン人が後を絶たないという。
(読売新聞)より引用


現在の気持ちとしては残念でならない。上記記述のように現地邦人(今回で言う渦中の仲介人)、地元民はやはりカネ目的の捏造が通例なのであろうが・・・がしかしこれだけ報道が世界中に駆け巡った背景として、情報の信憑性が必ずしも嘘ではない気がしてならない。
やはりゲリラ占領地域等であるが為に問題を難しくしており少なからず、旧日本兵は誰かしら生存してると思う。しかしながらこれまでの政府機関の過去の捜索活動や遺骨収集が必ずしも本腰ではなかった感があり、単に仲介者や現地人のみが悪い訳ではないと存じます。

今後の何らかの進展を願って

[PR]

佐藤16位、バトン13位 F1欧州GP予選

佐藤16位、バトン13位 F1欧州GP予選
2005年5月28日(土) 22時9分

【ニュルブルクリンク(ドイツ)28日共同】自動車のF1シリーズ第7戦、欧州グランプリ(GP)は28日、当地で公式予選を行い、2戦の出場停止処分が解けレースに復帰したBARホンダの佐藤琢磨は16位、同僚のジェンソン・バトン(英国)は13位だった。
 ウィリアムズBMWのニック・ハイドフェルト(ドイツ)が1分30秒081で初のポールポジション(PP)を獲得。2連勝中のキミ・ライコネン(フィンランド、マクラーレン・メルセデス)が2位につけた。トヨタ勢はヤルノ・トゥルーリ(イタリア)が4位、ラルフ・シューマッハー(ドイツ)は8位だった。 欧州GPから1回だけのタイムアタックでスターティンググリッドを決める予選方式に変更となった。決勝は29日に行われる。 [ 共同通信 5月28日 22時9分 更新 ]

※一発勝負に変わったから上位も有り得るとは思ったが2戦ブランクは多きかったかな!! いや琢磨は本戦でゴボウ抜きしてくれるだろう。きっと

[PR]

靖国参拝へ出動!

b0007619_23281613.jpg
本日何かと話題の靖国神社へ行ってきた。天気もよくまた多数の老若男女の方々が参拝に来ていた。千鳥ヶ淵の戦没者慰霊公園にも行きたかったが、遊就館を巡っていてたっぷりと時間をかけたので気がついたら17時近くをまわってしまい、千鳥ヶ淵はまた次回とした。靖国の遊就館へは新館増設工事をしていた頃に1度行った事があったが当時は(01年頃)臨時別館にての観覧のみで大展示場は見る事が出来なかった。

b0007619_23285250.jpgそんなこともあり今回初めて零戦52型や桜花等、様々な日本軍展示物を閲覧でき満足である。こういったいわゆる軍事兵器を展示している事への違和感を持つ方はいらっしゃるだろうが、男子にはガンダム等のアニメのキャラクターを見ているようなワクワク感がどうしてもしてしまうのである。それはそれとして各資料や無数の御遺影があり、軍属(軍に関する民間人等)とりわけ看護に携わった女性の御写真も沢山あり、印象的であった。何度も休憩しながらも順路を回りまくり、最後にアンケートや感想ノートを書くコーナーを経て出口なのであるが、記入しようとしたノートに中国の留学生の方の文があり、綺麗な日本語にて怒りの文面が綴られていた。内容は昨今を踏襲したものであり、マンダムな気持ちになってしまったが、日本語にて書かれていたので尊重はいたします。

b0007619_23324162.jpg首相の今後の動向が非常に重要でもあるし、土曜夜の某TVワイドショーでは首相参拝を反対するとのアンケート回答が実に6割を占めていた。経済的な観点等と日中のこれからを考えると至極ごもっともな回答内容であるが、一体全体どのような結末を見るか非常に注目である。

鳥居の前にて靖国に代わる戦没者慰霊施設建設反対の署名活動をされている方々もいた。うーん複雑である。
b0007619_23381019.jpg


右も左も真ん中関係なく、一日本人として極東問題を粘り強く真剣に対処していく事が重要であると改めて認識した日であった。
「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ。」・・・・日本海海戦から100年と1日が過ぎようとしている。
[PR]

ヒロシもマネた!? 鳥肌実キャラ再評価

怪芸人、鳥肌実(とりはだ・みのる、自称42歳)が、公開中の映画「タナカヒロシのすべて」(田中誠監督)で初主演。加賀まりこ(61)やユンソナ(28)の熱演が評判だが、意外な方面でも話題だ。「ヒロシ」といえば元ホストのピン芸人、ヒロシを連想するが、そのヒロシと鳥肌の芸に共通点が多いというのだ。

国士スタイルで行う“演説”でコアなファンを獲得する鳥肌だが、本作では、引っ込み思案の青年が両親の死や恋に直面し、親から継いだカツラ会社を倒産させながらも少しずつ前向きに生きていこうとするストーリー。田中監督の初メガホン作で単館上映ながら、観客動員も好調だ。

ヒロシが鳥肌を参考にしたかどうかは、本人のみ知ることだが、確かに共通点は多い。

 まず、「好きなことわざは『焼け石で』でございます。訴えたいことがないんです」(鳥肌)、「美容室でのトークがはずみません。引きこもるほどのお金がありません」(ヒロシ)と自虐ギャグをメーンに、丁寧に観客に“ですます調”で語る点だ~云々
政治団体や宗教までネタにする危ないギャグが多い鳥肌だが、今回の映画初主演を機に“異様な存在感”が再認識されそうだ。(夕刊フジ)


※いやいや鳥肌中将を再評価などど笑止。中将は不滅であります。顔を洗って出直してこーい。

[PR]

水曜どうでしょう!!!               2

b0007619_1804598.jpg「原付ベトナム縦断1800キロ」を見てベトナムに行ってから早2年が過ぎようとしている。ハノイ~ホーチミンシティ(サイゴン)を結ぶ国道1号線は番組が写した景色そのものであった。04年初頭よりSARS被害、ベトナムは一番やられた!鳥インフルエンザだので旅からは遠ざかってはいるが、機会を捻出しまた行きたい今日この頃である。

さてカブ天国であるベトナムだが都市部でも中国には匹敵しないまでも意外にママサンチャリ天国なのだ!前々回ベトナムへ渡航した際、ハノイの市内をひたすらチャリで走ったのだが・・・・思い起こせば・・・・死闘であった!レンタルチャリ(かご付き、二台つき)で2ケツでウエスタンマーケットというスーパーに梅干を買いに行ったのである。何とかカブ(現地でモトバイ)やシクロの攻撃をかわし、ティアンクアン湖でつかの間の休息をし、やっとの事で梅干を4$で購入し、ホム市場というところでは豚足パーティを堪能し、更に帰路時の夕方のモトバイのプレッシャーを受け(交差点が修羅場です)、しまいには一方通行を激走し、ホテルに何とか着いたのであった。 まさに市街戦の形相であり、今覚えばとても懐かしい気持ちになると同時にそういう観点でも水曜どうでしょう、ベトナムは楽しいのだ。

 

[PR]

水曜                            1


どうでしょう!


b0007619_17462268.jpg今更ながら説明は不要だが北海道が生んだカリスマローカルバラエティである。※まだ見てない方はインプレスでユーコンを見よ!!

家庭用ホームビデオカメラ(業務用の一応高いやつ)を片手に突っ走るスタイルは今もってしても斬新であり、D陣がタレントと同等にしゃべりを入れるというかつてない手法が素晴らしいの一言。キー局ではこのような作品を作れないだろう。HTB万歳。しかしどうでしょうは、昔HTBでやっていたモザイクな夜や鈴井の巣の先制的なベーシック番組があった事と何よりご存知大泉先生を初め鈴井、藤村、嬉野氏のこの4人の圧倒的存在力がここまで発展させたのだろう。

b0007619_17493141.jpgphoto tukao

自分は97年に上京した為、初期どうでしょうは記憶に殆どないが、よく同郷の友人からは何度か噂は聞いていたが、まさかこれほどの番組だとは思わなかった!!99年に数ヶ月札幌滞在した時には放送が待ち遠しかったものだ。まあ道産子だからバリバリ夕張(ミスター風)っと御ひいき100%だが、実際内地で初めて見たとしても間違いなく衝撃を受けただろう!!

旅行好きな自分としてはベトナムラストランが最高だし、感動ものである。DVDが残り25枚でも何でも買い続けますよーっと思ってるファンは意外に多いのでは?
[PR]

「旧日本兵2人 比で生存!!」ミンダナオ島 

引き揚げできず山岳に日本兵がいた!

このニュースが駆け巡ったが私は実際驚きはあったが、結果からすると偶然よりは必然的な事ではなかろうか。横井さんの時代と違い、イスラム原理主義であるモロ解放戦線等の拠点であるミンダナオ島において、浦島太郎的観点でそこに在住した訳ではないと思われる。やはり混乱の中で部隊と生き別れ想像に余る壮絶の中で、現地の人との深い繋がりを形成し(無論生きる為に)敗戦の事実を数年以上経過し知りしながら、築いた営みを捨て切れぬ思い、犯罪人としての裁かれるのでは?という恐怖、「生きて虜囚の辱めを受ケズ」の戦陣訓が自ら長く道を閉ざしたかもしれない。

恐らく10年前の終戦50周年にも帰国の機会があったような気がしてならない。何か様々な事情をも忘れ60周年という節目が全てを解決し二人だけでなくさらに数人(いやもっとであろう?)以上居ると思われる方々を早期に帰国させてあげたいと思う。

このようなサプライズ的な話題ではあるが、忘れてならないのはフィリピンでの日米の死闘は
世界戦史上でも類を見ない激しいものであり、且つ日本兵の戦死行方不明者は50万人以上、
フィリピンの方の犠牲者は100万人以上である。特に激戦のレイテ島においては日本軍は枯渇し米軍と現地ゲリラ、そして住民をも敵に回し壊滅していき、マニラでは日本兵により市民が虐殺され、アメリカ軍の無差別爆撃によりそれ以上の市民が虐殺。様々な意味で日米植民地争いに翻弄され過去、今現在とフィリピンは混迷しているし、その背景は深いものがあると思います。

話は戻り随分に御高齢である故に同じ日本人として是が非でも祖国日本の大地を踏んで欲しい。


※ 《第30師団》昭和18年6月、朝鮮・平壌で編成された陸軍最後の現役師団。
対ソ戦の訓練を受けていたが、19年4月、ミンダナオ島先制防衛のため対米戦備を整え出陣。
師団は16個の部隊などで構成され「機動兵力として随時重点方面に使用」との方針から、島を東奔西走し、終戦までの1年で500キロにおよぶ行軍を強いられた。戦死者は1万2000人を超える。(産経新聞より)

[PR]

巨人VSロッテ 交流戦~ベイビーその弐

本日(5/26)の参加はHZ師、DAI氏、ワルトン、ノム、tuka、エビ氏とその友人アニョハセヨー
韓流女性の2名の計8人にて必勝観戦するも

いやーまた負けた・・・・。。。。
強いぞロッテ!!つうかロッテの応援まとまりすぎ(びびる!)

今シーズンは2度目の観戦だったが、ライトスタンドは盛り上がってるが
応援歌が分からないのも多く、もうちっと何とかならんかーい。

韓国女性陣も初の日本での野球を十分楽しんでいたようだ!
良かった良かった。(※チョナンカイは有名ではないらしい、グオンサンウはカッコいいとの事)

その後はお馴染みベイビドリームーへ繰り出し闘魂カラオケ飲みまくり~一風堂にて
完了。

ベイビー店長またどうぞ宜しくお願いします。

清水~♪ウォウオォオォ




ローズ ローズ♪ローズ♪ ローズ ホームラン!

ハイ!ホームラン!ハイ!



さすが清水だっ! 


開幕から使えバロー


[PR]

寂しいF1。。。どうなる琢磨

b0007619_23425570.jpgF12005年シーズンこそはホンダ復活V並びに佐藤琢磨、日本人悲願の初優勝を期待してやまないのだが、唐突もなく飛び込んできたスペインと次節モナコのBARホンダチームの出場停止!!!何という不遇であろうか、FIAのダークでグレーな裁定にて2戦連続の屈辱である。以前からFIAは何かしら黒いが、今回は更に嫌らしいの一言である。結果として6ヶ月間の出場停止(但し、1年間の執行猶予)という裁定が下されたが、モナコ以降、いい走りをする度に難癖を付けてきそうで、状況は予断を許さないと思われる。五輪等で見られたシンクロへのエコヒイキやF1は欧州主体だという根強い偏見もあるだろうし、BARが急に早くなったから気に食わないのかもしれないが、糞食らえFIAめ!!こうした雑音共に琢磨が鉄槌を打つ時はそう遠くないだろう。モナコの昨年のスタートの雄姿が見られないだけは非常に残念だがヨーロッパGPはガツンとやってくれ琢磨!頼むよバトン!!

【モナコ・モンテカルロ92】
その辛さを忘れさせてくれたのが、今年のサンマリノのアロンソVSシューマッハのバトルで蘇った1992年モナコです。高校1年の中間テストが終わった頃だったと思うが阿久里のフットワーク年で入賞を期待していたが、マンセルがリアクティブ・サスペンションだか搭載で強いのなんの!!毎回VTRを録っていたのが、このモナコだけは保存版にしようと決めた激闘であった。

家中引っかき回し出てきたAXIAのビデオ。劣化はしてたし何故がドラえもんに半分消されてたがマンセルがピットに入るまでのアドバンテージ画像がありほっとする。残り10周で世紀のバトル!!あの当時も燃えたが、13年の時を経てまた手に汗握る!!また今宮さん復活して欲しいです。いやー素晴らしいの一言。琢磨の居ないF1を少しだけ忘れることができた。しかしサーキットの荒法師ことマンセルは憎めないキャラクターだったです。ピットでタイヤが1個取れるわ、パンクはするわ、最終ラップでエンジン切ってしまうわでトラブルも多かったが走りは熱い人だった。琢磨と共通できる部分があると勝手に想像しております。最後に琢磨が日本人で史上初の頂点である。間違いない!

[PR]

,