「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ロックオデッセイ2004

7月25日の横浜ロックオデッセイに行ってきた。
前評判はWHO初来日ライブが話題になっていたが
やはり大箱でのフェスとしては成功とは呼べなかったと言わざるをえない。

W杯の決勝の地であるこの会場はアリーナも含め6万~7万は入ると思うが
スタンド2階席はガラガラ、何とか6割の入りだったと思われる。
 
既ロックフェスである富士ロック、サマソニの
大型老舗フェスと肩を並べるのは難しく来年以降
は会場規模を縮小しつつも、ビックなメンツを呼ぶことを期待する。

しかしロックフェス等、大規模なイベントは収益は見込めないのが
実情であるので、やる方も見る方も協力的な体制が大事であると思う
チケットは年々高騰してるが、実際スポンサー協賛により成り立っている
のでスレスレの開催であるので、ウドーも続ける事に意義を持って
ロックオデッセイを仕切って行って欲しいものだ。

出演者の顔ぶれの賛否両論等、ひいきはどこの世界でもあるので
そのような愚論をさせおき、今回の横浜の野外の音響だが
私はラルクから見、矢沢ボスまで見たが
海外勢はレニーが音よし
レッチリはリズム隊のボリュームが小さいと思った。
日本は永ちゃんの音良し、ラルク最悪となった。
※各アーティストでPAやミキシングのエンジニアも
交代しているのか、海外のミキサーはやはり凄いのかな!!

私はレッチリ、永ちゃんが楽しみだったが両方共に
パフォーマンスは最高であった思う、様々なファンが集い
刺青だらけのレッチリファン、白、黄色等のスーツにリーゼント、タオルの
永ちゃんファン、黄色い声援のラルクファンと、日頃接する事ない世界を
見れて大体の人は楽しめたのではないだろうか。

ただ個人的な感じではトリの永ちゃんの開演前に結構人が帰ったので
はなかろうか?出口に向かってく人の波が多かったように思われる。

遠方からで電車時間の都合や、好きなアーティストの演奏が
終わったので帰路に着いたのが、もっともな原因だが
帰った方には、一言、最後まで見ていくべきだ!!
と私の意見として申す

矢沢永吉のステージは今回出演した誰よりもショーアップ
(金かけてる)されていたし、まったく引けを取ってはいなかった。
面白見たさで残った方々は熱狂的なファンのタオル投げや独特な
掛け声に一体感を持つと共にいつの間にか
自分も楽しめたのではないだろうか。

永ちゃんのセットリストは10曲程度と少なかったが
いつもとは違うファン層が居た会場に大きく存在感を見せつけた。

一部には信教的だの、胡散臭いと片付ける輩も居るだろうが
ロックのロの字もなかった時代にキャロルで鮮烈にデビューし
日本人で初めて武道館に立ち、33年もの間ステージにてシャウト
する姿は偉大である。

矢沢永吉が放つ存在感、海外勢の圧倒的な勢いが来年また
やってくる事を期待する。

キャロルの一日だけの復活も節に希望ス

[PR]

牛丼復活までの道のり

牛丼屋チェーンの牛丼が我が日本から消滅して早半円以上が過ぎようとしてる。
各社豚丼等で必至の展開をしてるものの
牛肉輸入再開の目処が立つまでは試練、我慢の時である。

これは何も供給側だけではなく、消費側も同様である。

実際問題私はもっと早く復活すると思っていた。。
そう思っていた方も多かったのではと思う。

しかしさすがに財布が寂しい近々
牛丼が食えないのは寂しいのである。

確かに豚丼で値段も含め必死のカバーリングをしてるが
やはり、味、質ともに、牛丼には台頭しない。

卵、紅生姜、七味、汁だくでコーティングしても、豚色に染まってしまう。

牛のあの味が欲っしている自分がそこに居る
舌がそれを覚えている、そうはっきりと・・・・・

何とかならんかい?と豚丼食べながら、思ってしまいます。

皆さんはどうですか?

早く帰ってこい牛よ

[PR]

「反日騒動」 日本勝利終焉

〔7日〕                                   
午後 8時前   君が代斉唱にブーイング                   
   9時45分 日本3点目でピッチにうちわなど投げ付け           
   9時50分 日本勝利でサポーター席に物投げ付け             
  10~11時 中国人観客数千人がスタジアム前に結集。紙の「日の丸」焼く

紙の日の丸っつうのが細かいな

北京五輪にはマンオブザマッチに成長しください人民の皆さん!!

角番候補 曙、頑張ってくれ(現在4連敗)

[PR]

筋肉痛と炎天下

先々週になるが、横浜国立競技場で開催された
ウドーのロックオデッセイに行ってきた。

今になって感想を書くのも面倒なので詳細は後日また纏めようと
思うが、今更背中が痛いのである。

歩く、立つ、話すの三拍子は大丈夫だが、激しく走る!
ジャンプする!これが辛い
背面の45%程の部分に痛みが走るのである!!!

今頃になってロックオデッセイのレッチリで飛びまくってたのが
効いてきたのであろうか? おかしい
年寄りの筋肉痛も運動の中三日位で来ると思われるが
変な病気だろうか・・・・見に覚えが・・・・
うーん外回りの仕事っぽい事業をしてるので、公園で
寝た事で筋を痛めたか?

連日の炎天下で、背中が夏バテである。

取り合えずバンテリーン塗って様子を見ます

話は代わり8.6は広島グランドゼロの日
長崎は9日。
年々この祈り持つ意味が薄れて行く気がしてならない。

被爆死されたと思われる遺骨は未だに毎年幾十にも
発見されている。
来年は戦後60周年である。
今年は五輪開催もあるので今年は余計目立たないが

もう少し歴史の記憶の重みと尊さを感じなければならないと
痛感するこの頃である。


背中痛い

[PR]

田舎と都会と南の島。。。あれこれ

北海道のど田舎で育ち、20歳で上京し早8年が経過した。
まったく持ってUターンというフレーズは考えてもいなかったが
最近、故郷の空気が妙に懐かしい。。。。

人生の選択がそろそろ来ているのかなーと思う

1・田舎に帰る
2・東京に残る
3・南の島で骨を埋める

上記の選択をしたいとは思ってるが
流されてる日々。これはまずいと実感しているのである。

究極は3の南の島に住むである。
現実問題、非常に難しいが、まっとうな一般人であれば誰しもが
何度かあこがれを抱くのではないだろうか?
バスクリンみたいな海と白砂がどこまでも続くビーチ、
椰子の木やらココナッツやらが生えてて、爽快な風が
いつまでも止まない・・・・・

そんなところ、実際あるんだが、熟年リタイヤで金持ってないと行けない
いや、スキューバのイントラとかみやげ物、はたまた芸術家になる、
何か弟子になる。懇願する。若くても行ける。 高揚してくる
が・・・・
でも案外道は少ない。 現実

島の農家に働き手として嫁ごうかと、思ってきた。
ダッシュ村的人生を謳歌したものだ。

メリット・デメリット踏まえた上で、現地行って
決断するしかないわな。

でもHUMMER欲しい。
島じゃ要らない。
北海道なら必要だな。

[PR]

憂慮すべき事態

今回から私大塚がblogを創刊開始させて頂く。
さて早速であるが、タイトル通り憂慮すべき事態が中国で開催されている
サッカーアジア杯で勃発しているのでる。
ご承知の通り、競技場での中国人サポーターの大ブーイングがそれである。

スポーツにはアウェーではブーイングは付き物だとは思うが
今回は度を過ぎていると率直に感じる。ましてや国家斉唱には会場全員が
一斉規律し、敬意を表すのが国際親善上、常識であるにも関わらず、
日本の斉唱時に多数の罵声を浴びせるという事は断じて許す事は出来ない。 
政府方面からの正式な抗議もしているようだが一向に沈静化する気配は
見られない。

これらの原因としては先の大戦での重慶を中心とした、
無差別航空爆撃や近年における尖閣諸島問題、旧日本軍の
遺棄化学兵器等による被害や買春問題等様々な問題が上げられるが、
一部過激層がこれらを材料とし、抗日運動を盛り上げてる事と先の
中国政府による愛国心教育もこの要因であると思う。
上記に関しては政府高官も発言する等、反中の動きも加速化する
可能性もある。

そしてその状態で7日に迎える、北京での日本と中国の決勝戦は
非常にきな臭いのである。
日本人選手、サポーターも含め身辺警護だけは厳重にして欲しいと思う。

中国政府も不測の事態等あろうものなら北京五輪の開催すら危ぶまれる
危機的状態に陥る可能性もあるので、厳戒態勢を敷くのは必至であるが、
何としても無事に終了して欲しいと願う限りである。 
しかしながら中国の人々の全てが反日ではない事は事実であり、
親日な方も多数であるとも思う、またそれが経済的友好面だけで
ない事も真実である。

私は一昨年に北京、西安に個人旅行で行ったが、親切な方に
沢山出会ったと同時に中国4000年の歴史に改めて敬服した事が
記憶に新しい。それ故に今回の出来事が悲しくてならない。

国家、国籍等関係なく、仲良くなれる人も沢山居るし、
日本人同士だって粗利が合わない事もある。冷静にそう思える
日常に生きているのだから、もっと真っ当に考え直して欲しい。 
殆どは単なる野次馬的烏合であり、日本が真摯に対応すれば、
愚かさに恥じ謝罪を得れるものと信じている。

今回は特に大戦、文化大革命を経験された年長者の方よりも、
反日ナショナリズム教育を率先して学んだ若い世代のこうした行為が、
突出しているが、改めてマインドコントロールは恐ろしい限りである、
自らの小中学校時代の歪んだ歴史教育が思い出される。
彼ら彼女らも被害者である。中国は人口が多いので今後は心配である。

少子化が進む、次世代日本は冷静且つ毅然とした厳しい態度を格段に強化し
大陸に向きあう事しか自衛の道は残されていないのだろうか。

互いに話し合いが急務である。

[PR]

,