カテゴリ:スポーツ( 39 )

SUPER AGURIが遂にコースデビュー

b0007619_15331067.jpg
今年のF1開幕戦まで残り2週間ちょっととなった今、スーパーアグリ F1はようやく本格的なテストを開始するに至った。日本人2選手でのオールジャパン体制でのスタートことが重要であり、今年はデビューとしては結果は難しいと思うが、記憶に残る走りは是非して欲しいと思う。
遠い未来での日本人の優勝が、近い将来に実現するかもしれない軌跡になるような気がする。
今年はスポーツが熱い年でとてもわくわくするのであります。
[PR]

里谷多恵と上村愛子の二人

b0007619_1652945.jpgはとにかく頑張ったと思う。まずそれに拍手したい。里谷も色々あったがあのフロントは凄くよかった。小生自身もボードでかつてフロントフリップをよくやっていたが、やはり最初は恐怖があった。ただ自分自身の持ち味である、ターンの精密さと長野、ソルトレークと見せつけたあのスピードが消されたのが結果的に残念である。
上村愛子は本当に今回こそメダル(金)を誰もが期待してやまなかった。世界で一級品のコークスクリューも決勝でかました。しかし・・・・最初のエアーまでのスピードがセーブされてしまい
スピードがやはり里谷と同じく出なかった事が悔やまれる。
2位ではあったがノルウェーのベテラン、トロー選手はエアー、スピードと共に卓越していて、個人的には1位でも良かったと思う。

大げさかもしれないが、あのスタート直前はとにかく祈るような気持ちでTVを見たスキーファンも多かったと思う。皆の思い、選手当人の思いに表彰台という勝利は微笑まなかったのは本当に心から慙愧に耐えないが・・・・しかし、表彰台に登った3人の滑りにも正直感服したのも事実である。なかなか競技の人口の裾野が広まらないモーグルではあるが、若手の選手層の台頭が今後日本ナショナルモーグルチームの更なる技術の発展になると祈念する限りです。

上村にはメダルを取らせてあげたかった。。。。正直コークがよかっただけに。
何か悔しい。

※国母、中井のスノーボード男子に期待。

[PR]

トリノ五輪:日本のメダル、厳しい外国メディアの予想

いよいよトリノ冬季五輪の開幕を明日に控えたが、それにしても日本選手の獲得メダル数についての海外のメディアの予想は極めて厳しい。
米国の専門誌「スポーツ・イラストレーテッド」の全種目メダル予想で、日本選手はフィギュアスケート女子の荒川静香(プリンスホテル)とスピードスケート男子500メートルの加藤条治の「銅2」だけ。スピードスケート男子500メートル世界記録保持者の加藤は高い評価を得ているが清水の復活も切に願うばかりであります。

スノーボード・ハーフパイプ(HP)やフリースタイルスキー・モーグルでは期待せずには居られないが、パイプは五輪正式種目3度目にして表彰台に日本が立ってくれる事を期待したい。
特に道産子ハイエアーのHP男子の国母和宏(北海道・登別大谷高)選手の飛翔並びに中井選手へも期待したい。

[PR]

久しぶりに

六本木は野球の殿堂

ベイビードリーム

へ行っていい酒を飲んできました。相変わらずの面々も皆様活気があり、ギラギラしていたかと・・・。とくに店長におかれましては大きな野望を実現化すべく、2006年鋭く動くとの事で
小生も負けてられないと、思い新たな1日となりました。

常に決起。今年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]

57年ぶりの快挙!!夏連覇 駒大苫小牧

b0007619_2225652.jpg
凄まじい試合だった。圧巻。

連覇を成し遂げた最大の要因は圧倒的な堅守である。堅固な守備こそ最大の攻撃であるという事実をまざまざと見せくれてたナインは素晴らしい。無論投手陣、攻撃陣も一線級である事に異論の余地はなし、香田監督の「選手起用」も全ての試合において光ったのではないだろうか。

昨年は北海道が優勝なんて偶然だろ?と全国の方が正直思っていたかもしれない。。。今年は?必然だと道産子の私は断言する。池田高校もKK擁する最強PL学園も誰も成さなかった夏連覇を57年振りに達成した事はプロアマ問わず球史に金字塔を打ちたてた!!!

涙が止まらない

林君は京極町の英雄だ!今後もふきだし公園の水を飲んで頑張れ!田中君と共にアジアAAA選手権大会(9月2日から韓国・仁川)にでも邁進してくれ!!

2年生ながら4番の本間君が最後まで不振で喘いだが香田監督はまったく代えもしなかった。
これは絶対来年の軌跡へと受け継がれることと思う。


優勝おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

究極の2連覇





 
[PR]

駒大苫小牧、大阪桐蔭降し夏連覇へ王手!!!!

b0007619_2321658.jpg
第87回全国高校野球選手権大会第14日の19日は準決勝。第2試合は駒大苫小牧(南北海道)が、大阪桐蔭(大阪)を延長十回の末、6-5で降し、2年連続の優勝戦進出を果たして、大会2連覇に王手をかけた。20日午後1時から優勝戦で京都外大西(京都)と対戦する。

○駒大苫小牧6-5大阪桐蔭●

会社の仕事なんのその、街頭TVで親父さん達や沢山の野次馬達と観戦した。残念ながら5回からの駒大戦の視聴となったが既に5-0のスコアに一瞬、え? 勝ってる!!辻内投手からそんなに!! 勝てるぞ!っと思ったのも束の間、辻内君自らの本塁打で2点差になってからは
即同点と相成り、流れはもう完全に大阪桐蔭!!

平田君のショートゴロで3塁からの同点の走塁は圧巻である。

もうだめか駒大苫小牧!!!!!
しかし吉岡投手が流れを食い止めた。いや変えたと言っても過言ではないと思う。同点のランナーが2塁、バッター平田君、心臓に悪い場面で三振。痺れる試合だった。

松橋、田中、吉岡と力のある右腕3人だが、京都外大西戦先発は松橋君だ。
展開によっては吉岡、はたまた隠し兵器1年生左腕の岡田も遂に登場か? 仕事で見れないがVTRにとって歴史的な試合を堪能したいと思う。
[PR]

横浜Mの久保、東アジア辞退も

J1横浜Mの坂木嘉和強化部長は20日、東アジア選手権(31日~8月7日、韓国)に出場する日本代表に選出されたFW久保竜彦が、参加を辞退する可能性を示唆した。腰痛を抱える久保は1月の宮崎合宿(参加辞退)以来の招集を受けたが、同強化部長は「少しずつよくなっているが、(参加は)厳しいと思う」と話した。
 坂木氏はこの日、日本サッカー協会で行われた強化担当者会議に出席、最終的に代表とクラブのドクター同士が話し合った上で判断することを確認した。同協会の田嶋委員長は「試合に出ている選手は招集の対象になるが、ドクターの話し合いや横浜Mの治療計画を受けて対処したい」と話した。 時事通信-引用

※久保よどうした?心配だ!アジアの大型FWも怪我に泣かされ続けている。
頑張ってくれ



 

[PR]

カズ、横浜FCに移籍へ

日米通産200勝を達成した野茂選手がチームを解雇され、クローザーとして名門ホワイトソックスで頑張っていた高津選手が今日解雇された。同じ日本人でチームメイトの井口選手は高津のロッカーが空っぽになったことでその事実を知ったというから、プロの世界は言うまでもなくドライである。

そんな中、キングカズ選手がヴィッセル神戸→J2横浜FCへ移籍加入することが報道された。ブラジル(サントス、キンゼ・デ・ジャウ他)~読売~ジェノア~ヴェルディ~ザグレブ~京都~神戸と様々に渡り歩き、そして初となるJ2という一つ下のチームに移籍。中には遂に引退か?とかJ1で通用しなくなったか?と思われる方も居るかもしれないが、そんな事はなく、出場機会が多いJ2横浜FCに行った事は正解だと思っている。奇しくも仏W杯予選で2トップを形成した城選手が居るチームで、且つ解散した横浜フリューゲルスの思いを継いだ市民クラブへの移籍だ。是が非でも低迷しているチームをJ1へ引き上げて欲しいし、カズならそれを実現できるのでは?と期待させてくれる。

カズを語らせて頂く上ではやはりW杯出場が叶わなかった事と(現役である以上あくまで現時点で)成田空港での「魂はフランスに置いてきた」が記憶に鮮やかに残っている。

98年W杯出場を決めた年の3月のダイナスティカップは国立でカズの先発を見たのが私自身最後であった。賛否両論が未だにあるだろうが、個人的にはカズが当時代表に選出されなかった事は非常に残念である。中田とのプレーの相性が良くなかったのかもしれないし、他のFWより多少は不調が見られただろうし、総合的大英断として岡田監督の決断があったが・・・今持って提督の決断としては正しかったかかどうかはわからない。フランスまで連れてっての外しはよくわからない(25人連れてって3人外すという事は他の国もあったが・・・)。カズがベンチでも状況は違っただろう。すべては仏W杯の惨敗が物語っている。

もっと小野を起用した方が良かったとも思うし。たらればの話は尽きないが、ジョホールバルでの途中交代劇「俺か」事件以前より運命めいた流れがそうさせただけなのかも知れない。

前出での横浜FCで是非、岡田マリノスとダービーマッチを実現して欲しい。来年にでも・・・。

38歳の現在も今もなお昔と変わらないカズ選手に今シーズンの残り試合注目していきたい。
カズという決定打が絶対的なフィニッシャーがいたことを忘れてはならない。 

[PR]

モーグル・里谷多英、復帰へ

b0007619_214215100.jpg2月に都内で泥酔し警察に事情聴取されたフリースタイルスキー・モーグル女子の五輪2大会連続メダリスト、里谷多英(29)(フジテレビ)が、8月に豪州で行われるFIS(国際スキー連盟)公認レースに出場することが12日、明らかになった。

里谷は全日本チームと離れての活動が多く、SAJの管理体制を問う声もあった。しかし、林部長は「(年齢的にも)恐らく最後の五輪。選手として一番、力が発揮できる環境を選んだ」と説明。里谷は騒動後、3月の世界選手権、全日本選手権出場を見送った。(読売新聞) - 引用

※以前もブログに書いたが、実力と勝負運は彼女をおいて右に出る者はない、最後の五輪となるであろうトリノに何としても出場して上村愛子と共に完全燃焼して欲しい。

[PR]

巨人よ

今期巨人の聖地後楽園はドームにて4度観戦するも
楽天にか勝てず1勝3敗・・・・・

昨日も1対10。

清原ちゃんと走れ

ミスターの天覧試合までは無様な試合をしてはならない。
堀内は今年で終わりだ。

※駅で土屋敬之(都議選)候補の応援で横田滋さんが応援でいらしていた。
駅前とはいえ、パチンコ屋の前の路上でわずか20数名ばかりの聴衆を前にして、寂そうな横田さんと目が合ってしまった・・・・。ドームに向かう電車内では何だか後ろ髪を引かれる気持ちだった。

拉致問題の早期解決を祈念して止まない。

b0007619_22392829.jpg

[PR]

,