カテゴリ:ニュース( 30 )

料金下げ競争、一段と拍車=携帯サービスに新規参入

携帯電話向けに周波数が新たに開放されることで、料金引き下げ競争に一段と拍車が掛かりそうだ。新規参入を目指すソフトバンクとイー・アクセスはともに割安料金を計画するほか、来年秋には携帯会社を変えても従来の番号をそのまま継続できる「ポータビリティー制度」も導入される。市場が飽和状態に近づく中、生き残りをかけた戦いが本格化する。時事通信―引用

※携帯市場にも遂に番号ポータビリティが適用される。従来から固定電話事業において対NTT対抗として総務省が2002年位から他の第一種通信事業者にLNP(ローカルナンバーポータビリティー)制度を認め、当初ではCATV業者(J:COM等)が参入し、現在はKDDI、日本テレコム等が参入している。

携帯においてのMNP(モバイルナンバーポータビリティー)が解禁されれば前出のソフトバンク等有線インフラ事業者の攻勢により、既存の3社(ツーカーは省く)である、ドコモ、au、ボーダフォンは熾烈な競争にさらされるだろう。また固定電話と違い、携帯は機種のデザイン、ファッション性が重要視されるので、その点も踏まえた業者が生き残ると思われる。
自分は現在ボーダーフォンを旧東京デジタルフォン時代より利用しているが、基本料金やデザイン性よりはただ旦に番号が変わる事に抵抗があるだけなので、今後は移籍に前向きである。
ボーダフォンのユーザーには既存状態でもauやドコモに鞍替えしたい方は相当数居ると予想されるので、MNPにより苦境に立たされる予感である。ソフトバンク等は現在の3G携帯ではなく参入予定とされる2007年度を踏まえ通信速度下り最大40Mbpsのモバイルサービスで殴りこみをかけてくる勢いである。また国内最大大手のCATV統括運営会社であるJ:COMも携帯事業参入を早期に検討しているようで、ますます激戦の形相である。どちらにせよソフトバンクが台風の目になること間違いなしだろう。

[PR]

NHK手嶋支局長更迭退職

b0007619_22224484.jpgイラク戦争報道などで活躍したNHKワシントン支局の手嶋龍一支局長(55)が6日発令の人事で更迭されることが3日、分かった。手嶋氏は近く退職するという。ソフトな語り口で、視聴者の評価も高かった同局の顔ともいる名物支局長の周辺で、一体、何があったのか。関係者によると、手嶋氏は現職が約8年と長いことから、NHKは東京・渋谷の放送センターに戻すことを検討した。
「局側は、手嶋氏が海老沢勝二前会長(74)の信頼が厚かったことなどから、解説委員な“日の当たる”ポストでは処遇できないと判断したのか、手島氏に対し、内々に要職とはいえないポストを伝えたようだ。手島氏は、この人事が不服だったのか、退職を決めたようです」(関係者)

手嶋氏は、政治部で首相官邸や自民党などを担当。ドイツのボン特派員なども務め、海外取材の経験も豊富で、イラク戦争では画面に連日にわたって、終日登場。やわらかい口調で、的確に事実を伝える姿が視聴者の人気を集めた。一方で、「海老沢氏に近い立場を利用し、報道局の人事に口出しをするなどしたとされ、内部でひんしゅくを買っていたようだ」との声もある。
(夕刊フジ)-引用


※海老沢会長失墜の後、居場所がなくなった感もあるが、個人的には冷静そうなくせに以外にしゃべると噛み噛みでとちりまくり、声が裏返るところが笑えたし、以前在職した会社に似た人が居たので手島氏こと“テッシー”は好感を持っていた。NYテロやイラク戦争を不眠不休でテッシーが伝え、某サイトにておいて応援スレが生まれた程、大衆受けしただけに単純に残念だ。
まあ退職までははっきり現時点ではしていないようだが、NHK以外でも十分やっていけると思う。あのしゃべりでとちっててTV以外で性格悪くて人事に口だししてとテッシーが例えそうだったとしても、海老沢さんとか松平さんのような滲み出る悪さがないんだよなー

まあ今後をガンバって頂きたい。

■手嶋龍一氏 北海道生まれ。慶応大学経済学部卒。昭和49年にNHK入局後、室蘭、横浜支局を経て、政治部記者として外務省、総理官邸、自民党を担当。62年からワシントン特派員となり、ホワイトハウスや国防総省などを担当、湾岸戦争などで活躍。ボン特派員、ハーバード大学国際問題研究所上級研究員を経て、平成9年からワシントン支局長。米同時テロ、イラク攻撃の際には連日中継に登場し、ファンサイトができるなど“時の人”となった。
外交、防衛問題に詳しく、主な著書は『一九九一年日本の敗北』『ニッポンFSXを撃て-日米冷戦への導火線・新ゼロ戦計画』。

[PR]

<NHK>5月末で受信料不払い97万件

NHKは2日、5月末で受信料の支払い拒否・保留件数が97万件に達した、と発表した。
3月末(74万7000件)から2カ月間で、約22万3000件増加した。1月末(39万7000件)~3月末の35万件増に比べて伸び率は下がったものの、年内に100万件に達する可能性が濃厚になった。新たな支払い拒否、保留世帯が挙げた理由について、NHKは「(近所が払っていないから払わないといった)受信料制度に対する不公平感が目立つ」としている。
 また、本来なら受信契約を結ばなければならない世帯・事業所数(約4600万件)のうち、3月末時点で約20%にあたる約900万件が未契約となっていることも分かった。 橋本元一会長は2日の会見で「原点である番組の内容を改めてアピールし、NHKのサービスを理解してもらっていく」と述べた。(毎日新聞)ー引用

※ついに100万件間近に迫ったNHKの受信料未払い。これは歯止めが効かなそうだ。当のNHKといえばつい最近、人気番組「プロジェクトX」でのヤラセ勃発にて謝罪するハメに!!相変わらずの感である。声の伝道師、田口トモロヲ氏もがっくりきて新宿黒社会復活の形相である。
まさにNHKの崩壊がそう遠くないのかもしれない。
しかしながらデジタル化への技術はNHKは他を圧倒しているし豊富な資金(今のところ・・・)を奮ってのドキュメント番組や南極に局を開設したりとプラス面もある、だがこのまま事が運ぶとNHK完全有料放送化という時代に成っていく可能性もある。見たくない人は見なくてよいシステムでありCATV等有料放送がそうだ。現在でもCATV加入者宅でNHK受信拒否者に対してのスクランブル放送の実施がされており、よいモデル例である。一見NHKが完全に有料化になれば事は解決するようにも見えるが・・・
また、しかしである。 日本は米国と違い有料放送でTVを見るのが当たり前という概念がTV
発祥から現在までに至る点において相違であり、地デジ問題を契機にNHKを含む放送の有り方も今後民法(DVDレコーダーによるCM飛ばし問題による減収)も含めNHKを含めた日本のTV視聴問題の是非が問われる事になりそうである。

[PR]

日航機を検査!! またもやトラブル

シドニー空港を30日に出発しようとした関西行き日航778便ジャンボ機(乗客乗員181人)の主脚部品が破断するトラブルがあり、オーストラリア航空当局は事故につながる恐れがあったとして調査を始めたことが31日、分かった。
けが人はなかったが、778便は出発を取りやめ欠航。日航は保有する全ジャンボ機79機の主脚部品の目視検査を始めた。
日航によると、日本時間の30日午前10時半ごろ、同機が駐機場からけん引車で移動を始めた際、機長らが何かが折れるような音を聞いたため出発を中止。点検したところ、左翼主脚の付け根付近の部品が破断しているのが見つかったという。(共同通信)~引用

・日航と言えば御巣鷹山の大惨事が思い浮かぶが、発生からちょうど20年が過ぎ風化の一途を辿っている。しかしながら今年に入ってからのトラブルが余りにも多く発生しすぎではないだろうか?エアシステムと統合後により整備体制を含めあらゆる運用上の問題もあると思うが、まったくもって空の安全システムが前進しているとは甚だ疑問視せざるをえない。全日空にしても飲酒トラブルが最近発覚したりと不祥事がないわけでないが・・・・日航は多すぎである!

ストだ裁判も大いに個人的には結構だが、労働組合自体が個人の批評批判をぶちまけるものに徐々に成り下がってきているのではなかろうか?沈まぬ太陽パート2を出版して欲しいくらいである。ともあれ今日も明日も毎日大空を無事に飛んで欲しいものである。
123便の犠牲を忘れてはいけない。

[PR]

元日本兵情報進展なし、政府関係者全員が現地撤収

ミンダナオ島の山中に元日本兵2人が生存しているとの情報に基づきジェネラルサントスで確認に当たっていた日本政府関係者5人全員が、30日午後、当地から引き揚げた。
「2人の情報を持っている」という日本人男性仲介者の話は信頼性が低いと判断したためだ。在フィリピン日本大使館の江川明夫公使は記者会見で、「今後の段取りについてはマニラで仲介者からの連絡を待ちたい」と述べた。
同大使館は26日、仲介者から「27日に2人を連れてくる」との連絡を受け、ジェネラルサントスに館員を派遣した。だが、仲介者があいまいな言動を繰り返した末、29日になって「今回は難しい」と言い出したことから、幕引きを決めた。厚生労働省が派遣した担当者も館員4人と共に、30日、撤収した。

太平洋戦争で多くの日本兵が犠牲となったフィリピンでは、「元日本兵」や「遺骨」の情報がしばしば出回る。遺骨収集団などが現地入りすると、地元にカネが落ちるとあって、不確かな情報を売り込んでくる日本人やフィリピン人が後を絶たないという。
(読売新聞)より引用


現在の気持ちとしては残念でならない。上記記述のように現地邦人(今回で言う渦中の仲介人)、地元民はやはりカネ目的の捏造が通例なのであろうが・・・がしかしこれだけ報道が世界中に駆け巡った背景として、情報の信憑性が必ずしも嘘ではない気がしてならない。
やはりゲリラ占領地域等であるが為に問題を難しくしており少なからず、旧日本兵は誰かしら生存してると思う。しかしながらこれまでの政府機関の過去の捜索活動や遺骨収集が必ずしも本腰ではなかった感があり、単に仲介者や現地人のみが悪い訳ではないと存じます。

今後の何らかの進展を願って

[PR]

「旧日本兵2人 比で生存!!」ミンダナオ島 

引き揚げできず山岳に日本兵がいた!

このニュースが駆け巡ったが私は実際驚きはあったが、結果からすると偶然よりは必然的な事ではなかろうか。横井さんの時代と違い、イスラム原理主義であるモロ解放戦線等の拠点であるミンダナオ島において、浦島太郎的観点でそこに在住した訳ではないと思われる。やはり混乱の中で部隊と生き別れ想像に余る壮絶の中で、現地の人との深い繋がりを形成し(無論生きる為に)敗戦の事実を数年以上経過し知りしながら、築いた営みを捨て切れぬ思い、犯罪人としての裁かれるのでは?という恐怖、「生きて虜囚の辱めを受ケズ」の戦陣訓が自ら長く道を閉ざしたかもしれない。

恐らく10年前の終戦50周年にも帰国の機会があったような気がしてならない。何か様々な事情をも忘れ60周年という節目が全てを解決し二人だけでなくさらに数人(いやもっとであろう?)以上居ると思われる方々を早期に帰国させてあげたいと思う。

このようなサプライズ的な話題ではあるが、忘れてならないのはフィリピンでの日米の死闘は
世界戦史上でも類を見ない激しいものであり、且つ日本兵の戦死行方不明者は50万人以上、
フィリピンの方の犠牲者は100万人以上である。特に激戦のレイテ島においては日本軍は枯渇し米軍と現地ゲリラ、そして住民をも敵に回し壊滅していき、マニラでは日本兵により市民が虐殺され、アメリカ軍の無差別爆撃によりそれ以上の市民が虐殺。様々な意味で日米植民地争いに翻弄され過去、今現在とフィリピンは混迷しているし、その背景は深いものがあると思います。

話は戻り随分に御高齢である故に同じ日本人として是が非でも祖国日本の大地を踏んで欲しい。


※ 《第30師団》昭和18年6月、朝鮮・平壌で編成された陸軍最後の現役師団。
対ソ戦の訓練を受けていたが、19年4月、ミンダナオ島先制防衛のため対米戦備を整え出陣。
師団は16個の部隊などで構成され「機動兵力として随時重点方面に使用」との方針から、島を東奔西走し、終戦までの1年で500キロにおよぶ行軍を強いられた。戦死者は1万2000人を超える。(産経新聞より)

[PR]

50年前のウイルスを誤送!!と「火垂るの墓」

致死インフルエンザ・・・・

1957年から58年にかけて大流行し、世界で最大400万人が死亡したとされるインフルエンザウイルスのサンプルが、米国の実験施設から誤って全米と世界17カ国の計6500カ所以上の研究施設などに送られていたことが分かった~【ワシントン13日共同】っておいおい間違うなよアメリカって!!いやーたまげます、ましてや現在の人間には抗体がないので万が一にでも流行した場合、多数の死者が出る恐れがあるとの事、WHO!頼むよ。

「火垂るの墓」公開延期に・・・・

中国の反日暴動の影に霞んでる韓国=竹島問題だが、韓国内で年内公開予定だったジブリの名作「火垂るの墓」上映が無期限延期されたとのこと。理由は一部韓国内からの「日本人を戦争被害者として描写している」との反発かららしいが、この映画はそんな描写等ない。見ればわかる。最近ではTVでの放映回数も減ったが、俺が小さい時は夏になると毎年放映していた。戦争の怖さと、悲しさ、翻弄された兄妹の生き様、死に様に何度も号泣した映画だ。

対日感情の悪化を理由に無期限延期って真に遺憾である!!ハウルなんぞより何倍も良い映画です。いい作品は戦争もんだろうが何だろうが、人の胸に響く。韓流ブームで賑わう日韓の友好をこのような愚考で停滞させないで頂きたい。

[PR]

ゴールド免許がーーーーーーーッ!!!!!!

b0007619_17285231.jpg去る2月27日原付にて幹線道沿いの小道から颯爽と首都高下の道路へハングオンした際、一時停止をするのを忘れた・・・・あっと思ったその時警官が道路に出現!「引くぞコラーっ」とこれまた思ったが、潔くバイクを停車。

警官・・・「お時間がないのでしたら、後で署へ来ていただく事も出来ますが」

俺・・・「じゃかしい!!営業中だ、時間もねーけど、うざー今払うどコラ」 

警官・・・「あらーゴールドですが、何たらかんたら・・・五千円です」

俺・・・財布を出し「今払うよ今、ほら」

警官・・・「あーですから金融機関、郵便局で・・・」

俺・・・もう一人の若手新米に食いかかる「二人して俺の方見てないで、後ろオメーコラ見とけやい」

警官・・・「まあまあ」

青キップを受け取りクダを撒き散らし名誉ある転進

時間が経ち更新1年前を控え、ゴールド免許が如何に尊いものかがジワジワと感ずる日々である。青キップを切られてしまった以上ゴールド期間中割引何てものはない!次回は青免許証なのである。残念、日頃の安全運転を徹底・精進し平成23年の取得を目指すであります。

とほほである。

[PR]

大大津波!!!!

スマトラを震源とした今回の地震はマグニチュード9.0というから
もの凄い威力!恐怖!オノノキである!!!
プーケットは行った事はないが、ビーチとしては人気だし
安いし、貧乏旅行者の私としても、たまたま行って
ないだけで・・・・・・いやー怖い
b0007619_2029365.jpg

亡くなった方々のご冥福と邦人を含め行方不明の方々の
早急なる救出を見守るだけであります。
ペナンも被害出てるし。

地震列島日本に住む我々にとってはまったく人事ではなく確実に迫る地震による国内崩壊への覚悟を思うと共に備えは十二分にする事が急務であると肝に命じ日々精
進すべし。地球規模の対策が必要だ!

[PR]

経済制裁本発動!!!!!!

日々色々な情報があり人々の関心と感心は右往左往
していくものであるが、もう北とは交渉しても意味がないのでは
ないだろうかと、率直に思わざるをえないところに来ている。

しかし・・・・・
まずは首相が「経済制裁をせざるをえない」と一言発言するかと
思いきや、またもや「対話と圧力」の継続発言である。
官房長官も強く批判するはするが、どうにも煮え切らない姿勢だ。

任期中の国交正常化を何としてでも実現したいのが根本にあるのは
わかるが、そんな状態であるから、中国にもより一層ナメられる状況
を生み出している事に早く気づけ!!

発動して成功する可能性があるわけでもないのは十二分に理解している。

だからこその外交であるのだ
制裁するぞ!と発言する事がもっとも有効である。

まず言え 言ってやれ「制裁するぞ我」と!!!!
さすがに無関心な我ら国民も再びボルテージが上がってきてますよってな

[PR]

,