本田 撤退!!!

衝撃が走りました。本田車には縁が有りませんが・・・・。
幼少時からのF1ファンとしては休止ではなく、撤退という決断が残念でなりません。

2006年のハンガリーでの本田39年振りのワークス優勝時の
「君が代」が表彰式に流れたあの感動の映像を昨日また見て感涙した次第であります。

ワークスが撤退となれば今後中長期で見たF1の存続にも関わる大問題であります。
08年シーズンのアグリチームの解散撤退も辛い事でしたが、本丸の本田F1チームが
同年にて同じ憂いに会うとは誠に慙愧の念に耐えません。

投機に発した景気低迷と販売台数等の直近な損失云々も理由として述べておりましたが
やはり、大手自動車企業としては戦略上懸命なご判断である事もまた事実であるのでしょうか。
会社がブッつぶれればF1なんてやってらんねー。つうのも分かるんだが・・・。

だが創業者である本田宗一郎さんはこの状況下でも継続と言い切ってくれるような気がしてならない。これを受け、トロロッソのテスト中である佐藤琢磨選手が要らぬ余波を受けないか気がかりである。

ありがとうホンダ

トヨタ頑張れや

[PR]

<< 12月8日 , 国籍法改正案について続 >>