国籍法改正案

11/18日に衆院を通過してしまい今度は参院にて国籍法改正案の審議に入るとの事。正直良く分からない法律であります。

内容としては現行の国籍法では、日本人妻と外国人夫の間に生まれた子供は日本国籍を取得可となるが、未婚の日本人父と外国人母の間に生まれた子供(婚外子)が出生前に認知されなかった場合、国籍取得には「出生後の認知」と「父母の婚姻」が要件となっている。

この「婚姻」要件が今年6月の最高裁判決で違憲とされ、法務省が改正案を提示していた。


改正案では、両親が結婚していなくても出生後に認知されれば、届け出によって日本国籍を取得できるようになるとの事だ。
これを悪用し虚偽の届け出をして発覚したら、捕まって懲役1年以下か20万円以下の罰金を課す云々。

上記のこの問題は案外どころか非常にきな臭い改正法案ではないか?と良識人がネットを中心に騒いでいる。が、しかしTV及び新聞紙上においては殆ど報道されていない事がこれまたおかしいのではないでしょうか。

現与党である公明党が相当なご推挙をされた改正案である事が、穿った考えやもしれないが
何を意味するものなのであるか。

長い目で見れば国体が揺らぎかねない大きな問題の一つであるとも思ふ。
いつ削除されるかわかないが大阪の報道番組の雄であるアンカーにて青山さんが取り上げているので、見るべし!!


[PR]

<< 樋口 宗孝氏 逝く , はむつんサーブ >>