来週にも前空幕長を参考人招致=新テロ法案採決の前提

との記事を見て以下やふぉからの引用ス
--------------------------------------------------------------------------------
国民が思っている本音

「選挙になってもどれも支持できる政党が存在しない」

色々な意見があって当たり前。

小中学校では侵略戦争としか教わらなかった。
ネットの発達で様々な情報が手に入るようになった。
自分の頭で考えるきっかけを与えてくれた。

--------------------------------------------------------------------------------
侵略戦争を正当化する論文を書いて更迭されてしまった田母神俊雄前航空幕僚長が、来週にも参院外交防衛委員会に参考人招致される見通しとなったとの事。民主党がそう押し切るそうだ。

上記の引用コメントの通りだが、今この問題が重要だとは国政からすると思わない。他に重要な問題が山積だと思う次第であります。選挙対策パフォでしょうか。民主党も所詮寄せ集め集団なので、仮に選挙があったとしても投票する政党がないのが多くの善良なる国民の本音では
ないだろうか。

個人的にお恥ずかしい限りだが選挙は毎回、都議だろうが知事だろうが参議院だろうがちゃんと投票に行っているが、自公連立が組織票で動いている事に怒りを持ち、民主に投票していた経緯があった。しかし、旧社会党等を含めあきらかに売国為政者が自民以上に蔓延る民主党にはもう今後は投票なんて出来ない。
つい最近まで民主の石井一副代表のばい菌発言等、創価学会へ威勢のいいふっかけをしていたと思ったら、結局やる気が無いだけの選挙パフォであったのであろう。
何が参考人招致だ!!呼ぶ輩が違うだろう。選挙後は民公政権なんてのも万が一在り得る。
政財界そしてマスコミを含め、全てに影響力を持っている団体は本当に如何なもんかと思う。

亀井氏も今や在野だが、この発言はGJか?うーんまあまあっていうか何というか。



結局だ、全て選挙パフォだ!!民主党の支持団体は日教組等だし、公明も民主も似たようなもんだな。一番怖いのはこの二つがくっつく事だな。
自民が単独にて選挙で過半数は今や取れないだろうが、自民に居る憂国の士と民主の一部の
保守系の良心的な議員と在野の志士が、新たに政党を作れれば、大きく自浄作用の利いたネオ政党が出来るのでしょう。それが一番日本にとって良い事であると思われます。

参考までに
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/119.html

政教分離の原則は憲法に明記されております。

残冬も今後は宗教問題に対し、直視セリ

[PR]

<< はむつんサーブ , 航空自衛隊トップの更迭劇について >>