日中の興亡



テレビ朝日の「TVタックル」や関西テレビ「スーパーニュースアンカー」に出演している青山繁晴氏の4年振りの待望の新刊という事で購入してみた。

約2時間で読んでしまったが、とにかく凄く分かりやすい文章で書いている。タイトルにもなっている日中にひしめく逼迫した状況がとても勉強になる。

青山さんが言う事が全て正しいものではないかもしれないし、様々な見解もあるだろうが、少なくとも個人的には積極的に本書の内容が真実であると思います。このような本が単なるマイノリティ的な物として、軽視されるような風潮工作を行うマスコミや宗教団体や企業がいる一方で地に足をつけて真に正義を問える事は本当に素晴らしいと思う次第であります。

それにしても普通の日本人にはすごーく読みやすし。堅苦しさがまったくない。スイスイ読めてしまうし、それでいて日本人の無関心こそが恐怖である事が的確に書いている。
目に見えないように粛々と進行している工作の様をちゃんと理解できる必見の本であります。我残ブログをご覧頂く諸氏の中で、読みたい人が居たら貸与しますワラ

因みに前出の「スーパーニュースアンカー」は関西しかTV放送されていない内容ですが、東京ではやらない。正確に言うとやれないやらせない。しかしネットでそれを視聴できる事が出来る。
素晴らしい限りだ!!!
[PR]

<< ブログ トップ一層 , 鴨川シーワールド(キャンプの続き) >>