「ほっ」と。キャンペーン

中国鉄道大紀行 〜最長片道ルート36000kmをゆく〜

俳優の関口知宏氏が中国大陸を駆け巡った中国鉄道大紀行はいつも楽しく見ていた。元々BSハイビジョンで先行生放送し、地上波は後放送だったが、中国の雄大な景色といい、素朴な地元の人々といい、素晴らしい内容でした。チベットのラサを出発し、ウイグルのカシュガルへ到達するという壮大なルート。このルートを模範する事は非常に難しいが、ラサやカシュガルは旅人であれば一度は行ってみたいそんな所でありましょか。

北京五輪のプロパガンダ的要素や、取材の規制もハンパではないと思われるが、それらを上回る出来栄えであったと存じます。そんな地デジで写る、ラサの映像は素敵だったのに、今は行きたくても、行けない。また更に四川の大地震と来たもんだ!!メンツ優先の中共政府には腹立たしい限りだ!!!!関口氏のブログとか外に出る発言が無いのも寂しいな個人的には。お立場があるとは思いますが、野口健さんや善光寺は本当そういう意味ではご立派であります。
ガチでもの言った方は少数だが、本当に尊大ですな。こういうのって日本の国内でも会社や学校、様々なところに浮き出ている問題であり、決して外的なもんでもないという事だ!

2002年に残中国旅戦にて鉄道にて北京⇔西安を往復しましたが、本当に大陸は広いんです!!!!!いつか敦煌やラサに行ってみたいす。

[PR]

<< 調査捕鯨鯨肉の横領とグリーンピース等 , 形見分け >>