パスポート(旅券)を更新

98年に北海道で作ったパスポートが期限間近になったので、更新に行ってきた。今回も無論10年用である。若い時という表現が似合うお年になってしまったが、一番太っていた時は入国審査官に笑われた事もある程、写真とロン毛風貌の違いに、最近切なかったので、まずは更新出来て良しとしよう。
それにしても数年事にバージョンアップしているパスポートであるが、まず値段も当時より2000円もUPしているし、アメリカからの圧でICチップ入りカード付き旅券になってしまったので今までのような扱いも出来なくなった。

アメリカ入国に際して何か変わったのか?審査が迅速になったのか?と思いきや、相変わらず両指の指紋採取と写真撮影はやるようであるので、それならICチップ内に予め入れて欲しいと思次第である。指紋採取も読取の機械が皆の手垢とかで、もう殆ど何回やってもエラーになってる人も居たりと、ラウンドワンのメダル払い出し機の方がまだ性能がいいのではないだろうか。結局、テロ以降本当に面倒になったという事だ。

b0007619_15234255.jpg

それにしても済パスポートにはお世話になった。成田から日本を17回出国し査証取得回数8回、東南アジア出入国回数17回、訪問国数18ヶ国と残りページ数15/42ページの空欄を残し任務を終えた。
沢山の国の出入国スタンプと査証で、大使館での査証欄の増補をしたベテラン旅人達のパスポートを見る度に、「もっともっと海外を周るぞーっ」といきがっていた頃と旅先での様々な思い出がこの一冊に凝縮されております。写真とはまた違う感慨であります。査証欄の増補達成は出来なかったが、新パスポートでは頑張ってみようかなと意気込んでおります。

旅行形態はバックパッカーが主軸でやってきたが、まだまだ若いので、色んなところへ行きたくなってきやした。夫婦でチャリンコで10年かけて、未だに旅行している人、リヤカーで僻地を旅する人等、日本人旅行者は決してお得意のツアー観光だけが主でない。
まずは後先の事を全部考え捨てて、お金だけは・・・何とかして近い将来必ず世界一周に出かける事にしよう。行ける時に行かないとね。
[PR]

<< イージス艦が衝突!! , 訃報 >>