総動員野球

今期初の巨人戦を観戦した。一昨年はライトスタンドで応援合戦の輪に入れて頂き
声を嗄らしていたが、今回は正面一番後の40ゲートのEブロック。
いつもながら急な崖のような席だが、ここしか空いていなかったので致し方ない。

全体を見渡せて試合は良く見えるのだが、ボールの高低が判らないのが難点ではある、が
やはり生は臨場感があって爽快だ。

ゲームはと言うと巨人が最近湿っており、この日もエース内海が一番の不出来で
来場した3回終了時点で0対5・・・・。とほほな内容で、ここ数年ドームに来ると
一回も巨人が勝って居ない大雨漢振りを自慢し、そしてすぐ意気消沈している最中、巨人軍も
もう轟沈の気配。

9時を過ぎ最終回の時点で3対8。。。

何やかんやで6対8と猛追

ランナーは溜まるも4番バッター李は最後まで不調。。。
2死満塁、ボルテージは上げるも打者は阿部の代役の加藤。捕手がもう代わりが居ないので
そのまま打席へ行くしかない、追い込まれる加藤。

どうせ三振かな?いやはや左中間へ吸い込まれるか?いや打ってくれと願う。

今日のその時はやって来た!

何と加藤の打球はセカンド頭上高く越えライト前へ

同点

12回・・・清水サヨナラ


今年は本当に余り野球を見ておらず恥ずかしながら、加藤もホリンズも???
だったが、控えに甘んじている清水を筆頭に伏兵3人の活躍で奇跡の勝利とも呼べる
今期ベストな執念の野球だったと思います。

漫画の三国志とか、まあ桶狭間等も、僅かな伏兵にて最後に敵の主力を
淘汰する姿が、見ていて面白いもんだが、真に素晴らしい試合も見れて幸いでありました。

伏兵恐るべし、そして侮るなかれ。


巨人よ優勝あれ!

[PR]

<< Zepp Tokyo , まりもっこりを >>