亀田バッシングについて

某有名ブログにかかわらず八百長疑惑についての追求がTBSに矢のようにきているようだが、まだまだ沈静化する気配はない。様々な見解が飛び交ってはいるが、やくみつる氏の苦言が決して言いすぎではないと思う。ジャブだのクリーンヒットだのジャッジがどうの言っているが、ジャッジのスポンサーはWBAの協会側ではなく興業側だし、ベネズエラでやっても興業として日本でやる以上の金にはならないのだから、対戦者もどっちにしてもオイシイのであります。今後はジャッジのシステム自体の見直しが必要でしょう。個人的には対戦者がクリーンをあえて打たなかったとは思いたくない。亀田選手自身には実力があると思うので、ライトフライはやはり返上しウェイトを上げて日本人選手とのガチンコ(あの八百長番組もTBSだったな)で勝ってチャンプになって欲しいと思う。それにしても表も裏も色々なVIPの方が陣取って居て正に表裏一体なリングサイドではあったが、やはり南部さんが目立ってました。

しかし元T-BOLANの森友嵐士氏の国家斉唱は・・・・ワラタ!!我耳がおかしいかと思いYouTubeで何回か聞いてみたがあれは酷い。亀田家が好きなようだが、どうせなら最近モメモメしてる大友康平の方がよっぽど良かったのでは。T-BOLANは学生時代は「離したくはない」とか「Bye for Now」とか名曲揃いでカラオケで取り合いをした時期が懐かしいが、ビーイングの衰退と共に今はもう忘れ去っていた。懐かしさもくそもなく、がっかりであり、やはりライブはダメなのであろう。当時は西城秀樹と氷室京介と森友は声質が似ていると思っており上手い声だとも思っていたが、こんなに酷いとは・・・。君が代は確かに難しい歌だが、個人的には椎名純平とアンジェラ・アキが良かったよ思う。多分高橋まり子とか玉置浩二とか、あとは何と言っても塚凹。

[PR]

<< 祝!!!!F1 HONDA遂に... , ドラマ「東京タワー」放送延期。。。 >>