駒大苫小牧、大阪桐蔭降し夏連覇へ王手!!!!

b0007619_2321658.jpg
第87回全国高校野球選手権大会第14日の19日は準決勝。第2試合は駒大苫小牧(南北海道)が、大阪桐蔭(大阪)を延長十回の末、6-5で降し、2年連続の優勝戦進出を果たして、大会2連覇に王手をかけた。20日午後1時から優勝戦で京都外大西(京都)と対戦する。

○駒大苫小牧6-5大阪桐蔭●

会社の仕事なんのその、街頭TVで親父さん達や沢山の野次馬達と観戦した。残念ながら5回からの駒大戦の視聴となったが既に5-0のスコアに一瞬、え? 勝ってる!!辻内投手からそんなに!! 勝てるぞ!っと思ったのも束の間、辻内君自らの本塁打で2点差になってからは
即同点と相成り、流れはもう完全に大阪桐蔭!!

平田君のショートゴロで3塁からの同点の走塁は圧巻である。

もうだめか駒大苫小牧!!!!!
しかし吉岡投手が流れを食い止めた。いや変えたと言っても過言ではないと思う。同点のランナーが2塁、バッター平田君、心臓に悪い場面で三振。痺れる試合だった。

松橋、田中、吉岡と力のある右腕3人だが、京都外大西戦先発は松橋君だ。
展開によっては吉岡、はたまた隠し兵器1年生左腕の岡田も遂に登場か? 仕事で見れないがVTRにとって歴史的な試合を堪能したいと思う。
[PR]

<< 57年ぶりの快挙!!夏連覇 駒... , 仙台 >>