自衛艦がペテルブルク初寄港=ロシア

【モスクワ5日時事】遠洋航海中の海上自衛隊練習艦「かしま」が5日、ロシア北部の古都サンクトペテルブルクに自衛艦として初めて寄港した。8日までロシア海軍や市民との交流を行う。
ペテルブルク市内のクロンシュタット港は、100年前の日露戦争で日本海海戦を戦ったバルチック艦隊の母港。自衛艦の寄港は日本海海戦の和解の意味合いを持つ。7日には市内で、日露修好条約150周年を記念した石碑の建立式が行われ、柴田雅裕練習艦隊司令官が参列する。(時事通信) - 7月5日~引用

b0007619_17225068.jpg
             ■海上自衛隊練習艦「かしま」

※勝ち負けなんぞ関係がない。このような交流はどんどんやって欲しいものである。
[PR]

<< 画像またか? , ベトナム、外国人入国者数23%増 >>