手嶋NHK前支局長、ケンブリッジ大客員研究員に

イラク戦争報道などで活躍したNHKワシントン支局の手嶋龍一前支局長(55)が、英ケンブリッジ大学の客員研究員に転身する方向であることが8日、分かった。現在支局長付の手嶋氏は今月末で退職し、ワシントンで間近に見てきた国際政治の研究や執筆にあたるという。
関係者によると、手嶋氏は4月に辞表を提出。先月末の異動で夕刊フジ既報の通り「支局長付」となり、現在、渡英に向けてパリから着任した新支局長への引き継ぎなどをしているという。

一時、民放への移籍や国政選挙出馬も取りざたされたほか、外務省の谷内正太郎次官と親しかったこともあり、NHKのOBである高島肇久報道官の後任の打診もあったが断ったという。
ケンブリッジ大学は、1209年にオックスフォード大学から枝分かれしたイギリスで2番目に古い名門大学。単一の大学ではなく、31のカレッジの集合体。(夕刊フジ)ー引用

※テッシー頑張ってください。



 

[PR]

<< 決戦無観客試合!! , 料金下げ競争、一段と拍車=携帯... >>