「ほっ」と。キャンペーン

あと4日で「テポドン2号」が

北朝鮮の核弾頭おみやげ付きのテポドン(手歩丼)が天候が悪化しなければ飛んできますたい。悪天候なら更に順延する可能性もあるが、鬼畜北選手団は必ず打ってくる。
ここに粛々と迎撃作戦を展開する頼もしい日本選手団を紹介する。

3番ライト:こんごう選手

b0007619_23564991.jpg



4番サード:ちょうかい選手
b0007619_01595.jpg



5番レフト:きりしま選手(太平洋しんがり)
b0007619_041329.jpg



6番DH:PAC3改良型スカッド選手
b0007619_0153032.jpg



自主参加応援 残ーバード1号機改
b0007619_0205055.jpg
とにかく、ガンがってください海上自衛隊(日本海軍)。とは言っても、テポドン2号は発射5分も経たずして、高度約1000キロ。イージス艦のSM3迎撃ミサイルは、300キロ以内の迎撃範囲。届かずなのである。
しかしだ、時間猶予無しでテンパリ(案外冷静か)現場判断になるから、打ってよし。つうか撃つでしょう。

その後日本海から東北上空に到達でDH選手のPAC3展開部隊に出番です。これも何か落下して来た場合での迎撃だが、これも打って出るでしょう。ヒットエンドランでしょう。

最後の奥の手はサンダーバード1号でミサイル基地モロとも殲滅が一番です。と大分柔らかい解説をしたが、相当迎撃は難しいだろう。しかし、折角のチャンスだ。全弾発射で自衛隊の火力の素晴らしさを見せれば、結構北もビビまくりです実は。

親分アメ公イージス艦も既に「ホッパー」、「カーティス・ウイルバー」、「ステザム」3隻が配備。これで日本海には5隻が守備についた。他控えでアメリカが更に2隻、韓国1隻と大艦隊であります。

いやー発射した瞬間に全弾命中してくれねーかな。
とにかく良識ある日本国民もそうでない売国日本人も守ってくだされ。
[PR]

<< 不死鳥何度でも復活ス , ブラウンGPの快挙!!!!! >>