「ほっ」と。キャンペーン

NHK「日本の、これから」を見て

北海道テレビ「水曜どうでしょう」ディレクター藤村Dがお偉い方に囲まれて、NHK生討論?番組にご出演と言う事で視聴した。テーマは「TVのこれから」と題して、視聴者(プロもいるか)とTV製作責任者等が議論する形でスタートしたが、予想どおりの内容で、いつもながらがっかりして見ていた。

今回はいつもと違いTV自らがテーマなので、何らかの生爆弾発言とか少し期待した。マスコミの筆頭であるTVという存在意義そのものを捉え、バラエティ、報道等幅広いジャンルにて語る設定にもなっていなかったし、ある意味マスコミ批判へのガス抜き作用で製作する意図だったのか。

ただNHKも偏向している感も否めないが、まだ生討論番組をやれるところには評価は出来る。そんな感じで藤村D位しか興味が無かったのが、突如視聴者の浅野氏という男性が1,2度雷撃を仕掛けた。



この動画もすぐに削除になると思われるが、何時ぞやの「騒音おばさん」事件を例に出し、非常に的確なコメントを発した。これは生と言いつつ台本があったと仮定しても、予期せぬ発言であったのだろう。
まあ報道の分野はスルー的な進行自体も面白くないと思っていたところで、GJ過ぎるタブーへの切り込み発言だった。

この発言の回答を出来ないTV側の人達。絶句というか重い空気というか、NHKの進行アナも少しテンパリ気味なのか、少し取り乱したような感もあった。
この僅かな所だけが、TV側関係者の沈黙が一体何を意味するのか。
これが見所であったと言っても過言ではない。

カルデロン問題や国籍法問題等の提起は非常に難しいのだろうが、そうであったとしもこれは勇気がある発言でしょう。もう忘れてた「騒音おばさん」の話については、検索したりした人も多いだろうから、その意味で言うとTVで見た事や聞いた事は、ネットを用いて情報を探し、自己判断するという構図が如何に健全であるかという事を、TVが認めてしまった事になると思う。
ネットが全て正しいとは限らない事もまた事実ではあるが、浅野氏への以降の発言チャンスはまったく閉ざされた事もまた事実である。NHK残念。

藤村Dは唯一地方ローカルぺーぺーで、存在感は圧倒的であったが、所詮TVマンである事は仕方なきご事情でしょうか。
それにしてもTBSの方は大柄な雰囲気に見えたのは気のせいかな。今後のこう言った生討論で難しいテーマをやるにあたり、浅野氏のような発言の機会すら奪われかねないとしたら、非常に危険であると見た方が良い。

[PR]

<< たかじん , 日本野球チーム、キューバと韓国を撃破 >>