取り戻せや

3年前の夏の政権交代の惨劇を目の当たりにし
大変なショックを受けやした。
凄まじい麻生内閣へのマスコミ煽りまくり国民総攻撃
バッシング。

旅先での中川前衆議院議員の訃報。。。

あの時以来のブログ記事をやっと書こうかと。

まず小生は如何なる組織云々には属さない一般国民でありんす。
その普通の眼差しからのあくまでの私見でありますが、一言二言多言。


さて今選挙は政権交代とか郵政解散とかの分かりやすさは無いとか
政党が乱立していて何処に投票すべきか分からない。とかはたまた
入れる所が無いとか。

こなくそー

まずは衆議院選挙に行きませう。

投票に行かない輩に、民主主義を語る資格なんぞはないのであり、
投票率がもっとも低い若人達は自らの自壊の道を示しているのであり
こんな体たらくでは、投票率が高い高齢者層に対しての優遇政治が行われるのが
常であります。

どんどん政治に参加するのが、ポピューリズムでもなく正しい政治の一歩で
ありましょうぞ。

1票は微力ではありますが、貴重な1票です。
無力ではないのであります。

その上で諸氏の皆様にはもっともましなもっとも現実的な政党に、1票を入れて欲しいと
切に祈念しております。

マニフェストという言葉は既に死語となり、あれだけ政権交代をミスリード
した(小生はそう思っております)マスコミニケーションさんは
相変わらずであり、情報の垂れ流しであります。

最近は自民優勢という世論調査???でアンダードッグ効果狙いでありましょうか。
あれこそ公正選挙の概念から逸脱しているんではないのかと個人的には思いますよ。

しかしですよ。この後に及んで相変わらず、公共工事はバラマキだーっと悪玉論が
跋扈しておるこの頃ですが、そげな事言ったら子供なんたら手当てとか
農家個別保障何たらとか、あれこそが立派なバラマキでしょう。

1に復興
そしてデフレ脱却。
その為の財政出動と金融緩和の同時進行での経済政策。
教育再生。外交安保。社会保障とエネルギー政策。そして拉致事件の解決。

様々な難題をやってのけてくれるかなぁと一番自分の考えに近い政党、代議士を
消去法で選ぶしかないのであります。

そうです奥さん。
駄目な中でも一番マシと思える人、党をまず選ぶ。
これが大事でありんす。

脱とか卒とかS極だか3極だか胡散臭いにも程があり、そのような輩は喝ッ!!!であります。


国家観の微塵の欠片も無いと思われる民主党という失われた3年の総括が間もなく出ます。


自民党の中にも足を引っ張るオカシイ人が少なからず居るようですし、
どうせなら一掃されて欲しいとも思いますし、公明党といずれは手を切れる
時が来る事を願って止まないです。

まあ来年の参議院選挙が以降が山場らしいですが、まずは衆議院です。


日本を取り戻すぜよ。

[PR]

不在者投票完了ス!

久方振りの無電でありやす。

インフルがイヨイヨ確立変動の域に達したである。
マスク買いまくり騒動から次はワクチン争奪、闇米為らぬ闇ワクチンの販売業者の登場でしょうか。


そんな中、来る第45回衆議院選挙の不在者投票を何とか完遂しました。
現在、選挙名簿登録区には居りません為、一苦労でありましたが憂国を憂う残冬の魂を込め、投票した次第であります。 というか、宣誓書を遠路取り寄せて、投票用紙が入って封筒を開けずに、そこの管理委員会へ持参し、裁判官と比例と立候補者名の別々の用紙を書いて、んで袋に2回も入れて氏名書いて、それでもって立会人に手渡ししてまた住所とか氏名を書いて終了と。


通常のように投票箱に入れたかった・・・・。

んもー面倒くせーつ!!!!!!!!!!!

もうやらねーと思ってしまいました。しかしながら聡明なる残冬諸氏並びに、本ブログを見てくださるこれまた聡明なる皆様は必ず選挙権の行使をお願いする次第であります。
これはイデオロギーを抜きにしても、投票に行くべきであります。
小生は自民党とその候補者に一票を投じた次第です。裁判官は全部×にしました。

民主党が大勢を決してしまう可能性大ですが、20世紀少年を見ると(特に原作であるが)終わりの始まりになる?何てそんな馬鹿な大袈裟なジャロと思う反面、恐怖を覚える次第であります。

「哲学無き軍隊は滅びる」


子供手当ての2万6千円の餌が案外効いている感もあるが、一方で扶養控除・配偶者控除が廃止する方向に
持っていきそうで、本末転倒なミンスであります。

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/Chirashi206.pdf




シャブシャブのりぴーはもう何年も前からジャンキーと噂があった。やはり火の無い所には煙立たず。お塩さんはジャギ以下であります。

国旗を切り裂いた民主党にNOを

[PR]

岩村選手負傷

WBCでの活躍も記憶に新しく、今シーズンの大リーグでも好調だった岩村選手が殺人スライディングにて負傷、今期絶望全治8ヶ月以上の大怪我を負ってしまった。同日マリナーズ城島捕手も骨折とサムライ選手の怪我が続いてしまった。特に岩村選手の場合は靭帯の大怪我なので、選手生命に関わる可能性もあるので、野球ファンとしては、何とか完全復帰を祈念するしかない。それにしても、相手の新人のアメ公選手はスライディングの技術が皆無だ!大リーグではこれしき当たり前?とするには余りにもお粗末な危険プレーであり、出場停止にしても問題ないと思う次第であります。それに岩村選手が倒れているのに、三塁のランナーがホームを付くなんぞ、鬼畜米であります。これは民度が低いプレーでありメジャーのレベルも下降している証左であります。と、この事故を見て憤激しておりましたが、ふと1988年の丸山球場での吉村選手と栄村選手の激突事故を思い出したのであります。当時野球小僧でありました小生はSTV(札幌テレビ)だったかで生中継を見ていたので、この衝撃は今でも鮮明に残っております。栄村は何てヤツだ!!!と同じ野球部チームメートや学校で栄村を許さんっと、皆で怒り狂っておった記憶があります。
大怪我で吉村選手は絶頂期を棒にふり、その後リハビリを経ても、やはり足の感覚が元には戻らない状況でしたが、劇的な復活を遂げ野球ファンに感動を残しました。しかしこの大事故が無ければ、三冠王に一番近かった選手であったと今も思います。栄村選手は2軍で盗塁王となり、1軍でクロマティの代役でその年1軍に上がってきたばかりの、期待される選手ではありましたが、戦犯扱いにて巨人を事実上放出され、その後ひっそりと引退しました。相当な抗議等があったように思われます。あまりに鮮烈なあのシーンから20年が経ちました。こういった一瞬のプレーがどういった経緯、結果であれ当事者の選手のその後に大きな影を落とす可能性があります。この若い新人選手には是非猛省して頂きたいものだ。

栄光の巨人軍を追われた栄村選手は今、どうなさっているのでしょうか。

[PR]

帝都到来

b0007619_21451331.jpg
速報は日テレで出たと思われるが、東京も遂に出ましたな。NHKはそれにしても駄目だ。NHKの速報は21時過ぎだ!情報が遅い、まるで隠蔽しているのでは?と誤解を招きそうな勢いである。
それとも日テレ系の勇み足か。
石原都知事が20日まで韓国行脚に行っていたので帰国するまでは、都内発生というネタは出せなかったのかどうかは定かではないが、東京に感染者がウヨウヨ居る可能性大の中で、結果的に後手のような気もする。
感染力が強いが弱毒性で致死率が低いというウィルスのようだが、いづれ、強毒化変異する可能性については何人も否定は出来ない事は事実である。
今から悲観し過ぎるのもどうかとは思うが楽観し過ぎるのはこれまた危険である。
八王子市で確認された方は重症だと言う報もあるようだが、変異等はしない事と回復を祈るばかりである。

マスクは最低限のマナーでありましょう。
[PR]

親不知 時局

3月に書いたが親不知の最終章の猛激戦を小生は殊勲敢闘し無事生還致しました。やっと気分が向上致しました。

前回は上歯のメス切開抜歯で比較的というか術後の痛みも殆ど無く平穏そのものでありました。

だが、その後の検診にて下歯にも懸念される親不知があり、少し炎症が見られるとの事が判明。今抜かなくても大丈夫やもしれないが、後々痛くなる可能性も大との前回執刀医の助言がありました為、「やっちゃってくらふぁい」と勢いにのり大言を吐いてしまった。

勿論今回もナイトメス切開打倒執刀であります。時は平成21年4月17日『ハローワークの日』であります。前回は損害軽微であった為、本戦にも心底油断しておりました。

これが苦難の道の序章でありました。

辣腕口腔外科軍医殿は何の躊躇もなく、ぶっすりと極太のヒロポン4号を3本程、歯茎に注射をし、第二次大戦の戦端が開かれました。

戦闘は予想を超越した激戦でありました。顎の骨が粉骨された?のではと思う程のメリケンサックな響きが脳内メーカーを駆け巡り、断末魔の叫びを上げたくとも、上げる事さえ出来ない、救援部隊が来ないソマリアに墜落していく「ブラックホーク」そのものであります。ただ虚しく脳裏にスレイヤーがずっとこだまするのみ。

数々の修羅場で執刀をした軍医も、我下歯の根絶には時間を要し、途中から歯を半分切除という大英断を断行し、30分強の激闘の末何とか、無事戦闘は終了しました。

痛みは麻酔が効いているせいでしょうか。ありません。が、残像の響きが顎に雷鳴したまま帰途へ。

さあ本当の死闘が始まりました。今まで親不知を抜いたら「ボッコリ腫れた」とか痛くて飯何て食えたもんではないと散々聞かされた事は、この事であったのです。
麻酔が切れた数時間後からの激痛とそれに伴う腫れには、ビビリました。頬と言うよりも口腔内の腫れは凄惨を極め、3日は流動食でありました。いやもうロキソニンなんて聞かないわ、熱は出るわで、戦場で放置された負傷兵そのものであります。夜は痛みで起き、発狂しまくりの日々を経てようやく、1週間後に片方で真っ当な食事が何とか可能になり、その後は徐々に痛みが失せていき、1ヶ月近く経ちやっと、痛みも完全に無くなった次第であります。

恐るべし下歯の親不知。まだ完全には両方で噛み切れる程のレベルには至ってはいないが、こうして祖国に復員出来て良かった。

親不知で困っている人はとにかく早めに抜くか切除した方が得策と見る。

やっと歯医者での戦闘が終結した。

大日本帝国万歳!

[PR]

あこがれの北朝鮮

忌野清志郎さん、ご逝去。
ご冥福をお祈りします。


[PR]

,